世界フィギュアスケート選手権2014(7):男子シングルSP

おなかがすいて急激に憂鬱な気分になっていたマイク松ですこんにちは。おひるごはんをたべたらなおりました。ひとはごはんで生きている。
さて、世界選手権も残すは男子シングル。今日はショートプログラムです。

世界フィギュアスケート選手権2014、男子シングルSP。実況は小林さん、解説は樋口地蔵尊。南無阿弥陀仏。
ポーランドのマチェイ・チェプルーハ。「セヴィリアの理髪師」。3Lz+3Tはまずまず。エッジもがんばりました。ステップからの3Loも高さ出てました。キャメルスピンはトラベリングしてます。2Aは予定通り。シットスピンからステップはもう少しスピードがほしいところです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。しっかりがんばりました。演技全体のまとまりもありましたね。63.07。
カナダのナム・ニューエン。パトリックちゃんの代わりにきました。ついにシニアデビュー。パディ・ミルナーのセレクション。というか何もないところで転倒してしまいました。がんばれ。3Aはオーバーターン。3Fはいいジャンプ。キャメルスピンからいい顔芸が出てます。3Lz+3Tはがんばりましたね。もう3-3跳べるんですね。シットスピンからステップは見せ場。表情もしっかりついてます。丁寧に踏んでいると地蔵尊。コンビネーションスピンは難しいポジションもこなしていました。今この場を踏むというのが意味がある。66.75。
オーストリアのヴィクトール・ファイファー。「クラウド・アトラス」。ウォーレンからの3Lzは回転が足りなかったですね。3S+3Tはきっちり決まりました。キャメルスピンはいいポジション。つなぎの部分もがんばってますが、2Aも回転が足りなかった。コンビネーションスピンは難しいポジションがんばってます。ステップはがんばって長くエッジを使おうとしてます。シットスピンでフィニッシュ。2Aを跳んでないのは結構きついですね。57.17。
スイスのステファン・ウォーカー。板チョコみたいな衣装です。鼓動「ストロボズ・ナナフシ」。最初のパートの演技が結構長いですね。3Aはツーフット。3Lz+3Tはいけました。3Fからキャメルスピン。ドーナツポジションが見事です。強みですね。ここでステップを入れていきます。スピードもまずまず。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。最初のジャンプ以外は結構うまくいきました。64.40。シーズンベストで喜んでいます。
カナダのエラジ・バルデ。バルデ出てきましたね。3枠のためにはがんばれ。「ボムボム」。4Tは手をつきましたが回転も足りてないぽい。いちおう4Tにトライしてますからね。3Aも手をつきました。スピンは軸がしっかりしています。3Lz+3Tはセカンドで前向きに降りてきました。やっぱカナダから間があいてしまったのかな。あのときはもっといい演技してました。長いステップからコンビネーションスピンでフィニッシュ。カナダのときの力が出せればよかったのですが。62.84。
デンマークのユストゥス・ストリード。ハンシンファンみたいな衣装。よく見ますよこういう人。「キダム」より。3Aはステップアウト。3Fはダブルになりました。3Lz+2Tは3-3になりませんでした。うまくいかないですね。スピンはじっくりまわってます。ステップはちょっと手品しながらの演技。おもしろいけど地蔵尊に「世界観がいまいち理解できない」といわれています。55.62。
フィリピンのクリストファー・カルーザ。マルティネスがひざのけがで代理出場だそうです。「ジャンピン・ジャック」。いきなりスパイラルから入るおもしろいプログラム。2Aをしっかり成功。3Lo+3Loは2つめはどうだったかな。スピンは技術のしっかりしたもの。もとアメリカの選手だけあります。3Lzはおっけー。そしてステップはなかなかなめらかできれいなエッジワーク。ジャンプさえ決まれば将軍みたいな選手になれそう。というかこれ全然「ジャンピン・ジャック」じゃないやん。シットスピンでフィニッシュ。いい演技でした。ガッツポーズ。64.69。
ルーマニアのゾルタン・ケレメン。「スウィート・チャリティ」より。3Aはいけました。高さ出てます。3F+2Tはなんとか2Tつけられました。3Lzも含めて流れがもっとあればいいんですが、ジャンプは決まってます。キャメルスピンはしっかり回ってます。ステップはていねいに踏んでますね。コンビネーションスピンは1つ1つのポジションをしっかりまわってました。63.23。もうちょっとスピードが出ればもっといけるかも。
エストニアのヴィクトル・ロマネンコフ。「パリのノートルダム」。3Aは軸が傾きそうでしたが大丈夫でした。3Lz+3Tも傾きそうでしたがリカバー。そういうの得意なんだろうか。キャメルスピンからつなぎの部分ももう少しがんばってほしい。3Loは開いてしまってシングル。これはもったいない。今までいけてたのに。ステップも上半身に意識をもっとおいてほしいです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。61.14。
カザフスタンのアブザル・ラキムガリエフ。ラキムー!!スウィングメドレー。不思議なサスペンダーの止め方。いきなり投げキッスで会場の視線を釘付け。なんか指さしたぞ。何もしてないよ。3F+3Tはエッジが微妙らしい。3Aはステップアウト。3Loはしっかり決めました。まずまずだぞラキム。キャメルスピンは止まりそうでしたがなんとか。音楽が変わってサスペンダーを自在に使いながらのステップ。わりとエッジが深いんですよね。そしてサスペンダー。コンビネーションスピンは回転速度いい。シットスピンでフィニッシュ。さすがラキム。ナマで見られた人はしあわせですね。61.77。オリンピック後で力を使い果たしていましたが、日本だからきたそうです。さんきゅー。
ウクライナのヤコブ・ゴドロジャ。「トスカ」。3Aは大きなジャンプでした。3Lz+3Tとジャンプいけてますね。キャメルスピンは回転数がぎりぎりだったかも。ステップからの3Loは転倒。うーん今までいけてたのに。ステップはもう少し丁寧にエッジを使ってほしいと地蔵尊。コンビネーションスピンはいろんなポジションをしっかりやれてました。61.53。
イスラエルのアレクセイ・ヴィチェンコ。「スウィング・キッズ」。3Aは手をつきました。4Tはしっかり。コンビネーションスピンはまずまず。3F+3Tはだいじょうぶでした。ステップはエッジワークだけじゃなくて表現もしっかりやってました。いい演技のわりに印象に残らないのですが、無難にしっかりやったってことですよね。69.73。
韓国のキム・ジンソ。「マスク」より。いきなりマスクをつけて顔芸。やりますね。3Aはなんとかふんばりました。ひざの力で耐えた。3Lzも流れがあったぞ。シットスピンも回転が速い。つなぎの部分もがんばってます。3T+3Tもいいジャンプ。こんなにいい選手やったかな。コンビネーションスピンからステップ。しっかり表情もつけてるしいきいきと滑ってます。スピンでフィニッシュ。おおーこれはいい。なんだ次世代って育ってるんですね。次のオリンピックに期待できそう。69.56。
イタリアのイヴァン・リギーニ。「ボレロ」のR&Bバージョンだそうです。新しい仮面ライダーみたいです。ロシアにいたころはイヴァン・ヴァリエフという名前だったそう。3Aは転倒。3Fは手上げ。滑り自体は結構なめらかですね。さすがもとロシア。メリハリのあるつなぎ部分から3Lz+3Tはうまくいきました。ルッツは手あげ。ステップはすごく動けてますね。アモーディオのにおいがするわ。すごくみせるダンスの部分も重視したステップです。コンビネーションスピンでフィニッシュ。おーいい選手がイタリアにきてくれましたね。69.43。3Aの転倒がなければトップでした。
モナコのキム・ルシーヌ。きましたねー。相変わらず「マリオブラザーズ」です。3F+3Tはセカンドで転倒。がんばれ。イーグルから2Aでスーパーマリオに。キャメルスピンでコインとるとなんかレベルが上がったみたいに見えますよね。3Lzはとてもいいジャンプでした。マリオパートになって会場も盛り上がってます。ステップでは水中パートになってまた場内沸きます。しっかり場内を盛り上げながら、コンビネーションスピンでは意外にうまいところも見せてます。そう、たんなるおもしろ選手ではないんですよね。覚えておいてください。58.19。
香港のロナルド・ラム。「ラプソディ・イン・ブルー」。香港ですがバンクーバー生まれです。ステップからの3Fは流れありました。3Aは手をつきました。キャメルスピンはなかなかポジションがしっかりしています。3Lz+3Tは2つのジャンプステップアウトになってしまいました。でもステップは結構軽やか。この躍動感は誰でも出せるもんじゃないですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。素質を感じさせる選手。でも60.07。コンビネーションは1つめで終わってコンボ扱いになってるんですね。うーん。
フランスのシャフィック・ベゼギエ。ジュベールお父さんは引退し、アモーディオは直前で欠場したので、フランスはベゼギエ1人だそうです。4T+3Tをいきなり決めてきました!1人でもがんばるという気合いです。3Aはだいぶ軸が傾きましたがちゃんと降りてきました。キャメルスピンも軸がしっかりしてるし。やりますねこいつ。3Lzも軸がだいぶ傾いてるのにリカバー。強い強い。コンビネーションスピンからステップ。こいつはダンスはあんまり得意じゃないんですね。しっかりステップに集中。シットスピンでフィニッシュ。ちゃんと次世代は育ってました。76.80。おー!きました!
カナダのケビン・レイノルズ。ヘアジャム。AC/DC「バック・イン・ブラック」。がんばれー。やっぱ滑りの質が違いますね。4S+3Tは間にターンが入りました。なぜ黙る実況陣。4Tは転倒。ちょっと間に合わなかったですね。3Aはタッチあったか。すでに地蔵尊も「今日は彼の日じゃないみたいですね~」宣言。まあがんばれ。コンビネーションスピンはさすがのクオリティの高さ。ステップはロックのスピリッツをよく表現してます。かっこいいわ。アップライトスピンでフィニッシュ。さすがかっこよかったです。いいんですよ決まらなくても。自分の演技はできました。68.52。全部のジャンプに回転不足をとられてもこれですね。
ベルギーのヨリク・ヘンドリクス。「キャラバン」。3Aはステップアウト。3Lz+3Tはいけました。スピンはなんとかレベル4にいったかどうかというところ。3Loはシングルになってしまいました。それはあかん。ステップは地蔵尊のいうようにエッジワークがとてもなめらかです。コンビネーションスピンからシットスピンでフィニッシュ。ジャンプがもったいなかったです。樋口地蔵尊も年々うまくなってるとの評価。がんばれ。65.56。
ウズベキスタンのミーシャ・ジー。異彩を放つ赤い髪。「スティル・ガット・ザ・ブルース」。3Aはステップアウト。少し直前でスピードが落ちました。3F+3Tはセカンドでツーフットで転倒。これもスピードなかった。キャメルスピンはしっかり。つなぎの部分から3Lzはいけました。シットスピンからテンション高いステップに入ります。すごい気合い。無用に。激しい。コンビネーションスピンはそのままテンション高くいけました。今日はジャンプがうまくいきませんでした。オリンピックで力を使い果たしたかな。でもよかったです。60.34。場内アナウンスが「ジーさんの得点」っていってたのがおもしろかったです。
やっと上位グループにきました。いきなりすごい濃くなってる。
アメリカのジェレミー・アボット。最後の世界選手権、いい演技してほしいんですが。無理かなー。「ピナ・バウシュ」より。4Tはスピードが足りなくて転倒。慎重にいきすぎたか。ステップからの3Lz+3Tはこっちでコンビネーションにしました。アップライトスピンはまったく軸が動かない。すごい。ほんとになめらかな滑りから3Aをばっちり決めました。よしアボットの時間はじめ。シットスピンも回転が速いしまったくぶれない。コンビネーションスピンもきれいです。芸術的。そしてステップ。ここまでのステップができるのはもうアボットだけです。転倒はありましたがまずまずでしたよ。79.67。4Tが回転不足とられてなければ。
ロシアのマキシム・コフトゥン。オリンピックにいけなかった恨みを晴らせ。「フラメンコ」。4Sはコンビネーションにできませんでした。4T+2Tはなんとか2Tつけました。最初の部分もしっかり音もとれてます。3Aもしっかり成功。いわれなくても気合い入ってますね。コンビネーションスピンは回転が速いしシットの姿勢が低いです。ステップはよく音をとってます。もっと調和できる感じですが。スピンでフィニッシュ。これはがんばりましたねー。84.66。4Sは回転不足取られましたがそれでも。
アメリカのマックス・アーロン。「ある愛の物語」。ちょっと会場のコレジャナイ感がつたわってきますが、4T+3Tはなんとか成功しました。このへんのパワーがアーロン。ステップからの3Lzもクリーン。スピンも無難にいけてますね。3Aは回転が足りてないぽい。キャメルスピンからステップ。みんな高橋ってうまいんだなーって思ってると思いますが、アーロンもがんばってますよ。コンビネーションスピンでフィニッシュ。がんばってるがんばってる。78.32。
チェコのミハル・ブレジナ。兄登場。「山の魔王の宮殿より」。4S+2Tはファーストで手をついてしまいました。慎重に入りすぎてますね。3Fはダブルになって転倒。これはきつい。3Aもシングル。これはしんどいですね…。スピンも気合いは感じられるし、ステップはとてもよい出来なのに。かなり足首の状態がよくないんだと思いますが、同時にジャンプはいちから取り戻した方がいいかもしれないです。62.25。お通夜キスクラ。
小塚崇彦。オリンピックにいけなかった恨みを晴らそうぜ。がんばれ小塚。お客さんもよくわかってます。「アンスクエア・ダンス」。4Tは両足っぽかったががんばってます。3Aもちょっとついてたかも。シットスピンは安定してます。3Lz+3Tはきっちり成功しました。キャメルスピンもポジションがすばらしいし、シットスピンも低い姿勢。ステップもほんとに軽やか。そして気迫も感じます。いい演技でした。短い準備期間でよくやりましたよ。85.54。やった。
町田樹。頼むで町田。いつも通り気合い入ってます。「エデンの東」。4T+3Tはばっちり成功!とてもクリーンでしたね!これはすばらしい。3Aもよくコントロールされてました。キャメルスピンも固まってるポジション。シットスピンもしっかりレベルをとってますよ。あと1つ。3Lzも流れがありました。いけ町田!ステップはほんとに情感豊かに表現。メリハリのある動き。コンビネーションスピンに入る前から大歓声でした。すばらしい町田!会場が一斉に立ち上がってました。リンクサイドでも大喜びですね。98.21!すごい点でましたねー。これはすごいな。
最終グループ。
スウェーデンのアレクサンドル・マヨロフ。マヨロフは大学生なので、欧州選手権のSPの翌日に大学の試験をオンラインで受けたそうです。「コロブシュカ」。4Tはダブルになってしまいました。むーん。3Lz+2Tは3-3にできませんでしたね。コンビネーションスピンはとてもてきぱき回れてます。3Aは転倒。入るタイミングはよかったと思ったのですが。ステップは音楽をよくつかんで、躍動感ある形でできてます。マヨロフなりの躍動感ってありますよね。コンビネーションスピンでフィニッシュ。今日はジャンプがさっぱりでしたが、自分の演技はできたでしょう。55.61。最初のジャンプが2T扱いになり、3Lz+2Tがノーカウントになってしまったようです。
チェコのトマシュ・ベルネル。世界選手権にきてくれました。さんきゅー。「脱出」より。いい滑りからの4Tはきれいに決まりました!よっしゃ!戻ってきましたねベルネル。調子いいらしいですね。3Aも流れあった。きてるぞきてるぞ。シットスピンは難しいポジションをさらっと。3F+3Tもばっちりじゃないですか!まじか。アップライトスピンをさらっとこなしてステップ。きたきた!ジャンプそろえてのベルネルのステップ久しぶりにみました。チェンジオブペースもメリハリもほんとにすごい。がんがん盛り上げてコンビネーションスピンでフィニッシュ!きました!これは最高の出来ですね!ベルネルも大喜び。長い間かかりましたがついにここまできましたよ。89.08。もっと出してあげようや。
羽生結弦。「パリの散歩道」。もうすでにスターの輝きが。会場中が目がハートになってるのが感じられます。4Tは軸が傾いて転倒。うわー。しかしドーナツスピンはばっちりですね。シットスピンの難しいポジションも健在。3Aは難しい入り方でもでかいですねー。3Lz+3Tでコンビネーションをリカバー。ステップはエッジワークが自由自在です。コンビネーションスピンでフィニッシュ。はーいスターでしたー。悔しそうですがそれ以外はいい演技だったし。91.24。4Tは回転不足をとられてるんですね。
ドイツのペーター・リーベルス。いつもリーベルスは順番が悪い印象があるんですが気のせいでしょうか。「クロックス」。よく滑ってますね。4Tは転倒。さらっと転倒してます。3Aは手をつきました。シットスピンはてきぱき。3Lz+3Tでコンビネーションをリカバー。いいジャンプになりました。キャメルスピンからステップにいきます。もちろんスターのあとの順番が悪いんですが、それでもめちゃくちゃ見劣りはしない。リーベルスはほんとにうまくなりました。コンビネーションスピンでフィニッシュ。オリンピックで燃え尽きたかもしれない。74.02。
スペインのハビエル・フェルナンデス。「サタン・テイクス・ア・ホリデイ」。4Sはばっちり決めました。ふわっと。3Aもふわっと成功。このジャンプの軽さはすごい。キャメルスピンもあっという間。3Lz+3Tもしっかり決めてきました。よしよし。シットスピンをみてもスケートの滑ってること。こんなに軽やかさを追求した演技もないですね。コンビネーションスピンでフィニッシュ!いけましたね!さすがフェルナンデス。96.42。あれ?すごいよかったのに2位か。
中国のハン・ヤン。茶髪にしてきましたね。ヘアジャム。「バイパーズ・ドラッグ」。3Aはすごいでかいジャンプ。高さも幅もすばらしいですね。4Tも高さ出てました。キャメルスピンはまずまずですがシットスピンはいい感じ。レベルとれてました。3Lz+2Tになりましたね。3-3は全然大丈夫かと思ったのに、ルッツで詰まってしまいました。ステップもしっかり表現してます。難しい曲をよく踊りこなしてますね。スピンでフィニッシュ。あの3-2だけが惜しかったですが、初出場なんですよね。86.70。だいぶ悔しそうですね。サイヤ人ぽい茶髪だからよけいに。
○SP終わっての順位:
1. 町田!町田!
2. フェルナンデス
3. スター
4. ベルネル!!
5. ハンヤン
6. 小塚
7. コフトゥン
8. アボット
SPトップは町田です。すごい!町田がトップですよ!いくらなんでも点出過ぎだと思いますが、それだけジャッジの心を打った演技だったということでしょう。あれだけ人の心を打つ演技ができるとは。もちろんミスもなかったわけですが、演技の終わりからスモールメダルをもらうところまで、猛烈な戦国武将オーラを発していました。すばらしいです。FSも期待しています。
2位はフェルナンデス。ここにきて当然ですが、さすがのクオリティでした。十分優勝を狙えるでしょう。ハニューは3位。1つ転倒があってもあの順位。むしろ上を追えるいいポジションですね。
4位はベルネル。ほんとにこれで引退している場合なのかといいたいくらい。ここにきてジャンプをそろえてきました。引退の決意は変わらないみたいですが、最後にいい演技、きめてほしいです。自分の演技を。
5位はハン・ヤン。あのジャンプが全部決まれば上にいけますよね。小塚は6位。短い準備期間でここまできた。FSも小塚らしいところをみせてほしいです。7位はコフトゥン。力をみせてくれたと思います。8位はアボット。最後の演技、心に焼き付けたいと思います。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

世界フィギュアスケート選手権2014(7):男子シングルSP への3件のフィードバック

  1. ぱんださん のコメント:

    カルーザのエレガントさに心が動き
    ビチェンコさんの可能性にわくわくし
    ケレメンさんががんばってるだけでなぜか涙が出て
    ルシーヌさんで笑い(好きな選手ですよ!)
    アボットさんのスケーティングの美しさを堪能し
    まっちーさんにぞくぞくし
    トマシュさんと一緒に飛び跳ねながらチェコ国旗を振りまくり
    スターさんに早くも貫禄を感じ
    ハビィさんと一緒にふあっと楽しみ
    そんな幸せな時間@さいたまでございました。
    日本だから、っていう選手が多くてほんと嬉しかったです。

  2. みーちゃん のコメント:

    こんばんは。
    録画がうまくいかずやっと見ることができました。
    五輪で引退と言っていたのにかなりの選手が来てくれて嬉しいです。なんか日本人で良かったなんて思ってしまいます。
    上位の選手たちは皆まずまずの演技で良かったです。ぐだぐだな試合だったらどうしようと思っていました。
    トマシュのノーミスはいつ以来?
    ラキムのサスペンダーの意味が理解できないままシーズンが終わってしまいそうです。それもラキムなのですが。

  3. マイク松 のコメント:

    ぱんださんさん、みーちゃんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。遅くなりましてほんとにごめんなさい。
    >ぱんださんさん
    観戦おつかれさまです。ほんとにいろんな選手いますよね。クチピーのようなインパクトのある選手はいないけど、そのバリエーションは世界選手権のたのしみです。
    >みーちゃんさん
    ラキムのことは感じるだけでいいと思います。意味は考えない。ラキムがいるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です