関立戦2013 ファイターズ.vs.パンサーズ

「坂本ですが?」2巻読んだマイク松ですこんにちは。相変わらずすごいおもしろい。スタイリッシュ。クーレスト。
さて、最近なかなか休みがとれなかったのですが、今日はお休みをとれました。ということで長居に関立戦、ファイターズ.vs.パンサーズ見に行ってきました。
いつもならその経過をがっつりお伝えするのですが、今回は衝撃の結果が待っていました。

ス コ ア レ ス ド ロ ー

いやいやいやスコアレスドローってなかなかないでしょフットボールで。もちろんオーバータイムはないので可能性はあるのですが、FGもないとか。みんな試合が終わったときにはそれはそれは微妙な気持ちでしたが、まあ単独優勝は達成できたのでよしとしないといけないですね。
とにかくファイターズのディフェンスはとてもよかったです。常にDLがプレッシャーをかけていたし。ばんばんロスタックルもサックもしていました。DL池永は最高でしたね。主将としてチームを引っ張っていました。
パンサーズのWR頓花さえいなければもうちょっと楽に試合できました。頓花はすごい。フリーになる技術がすごい。いずれ社会人ですごい選手になるでしょう。
そんな感じでディフェンスは圧倒していたのですが、評判のいいパンサーズディフェンスになかなかつながっていきませんでした。QB斎藤もQBキープはよかったのですが、それを読まれることもあるし、レシーバーがあくのを待たずすぐ走り出してしまうところもあり。LBがスパイしていたときは簡単につかまっていました。
大きく盛り上がったのはパントフォーメーションでパスにいって成功したときと、PRがファンブルロストしたあとにINT仕返したときでした。あれは助かった。
オフェンスはランもパスもまずまずでしたが、ロングゲインがさっぱりありませんでした。一緒に見に行った人たちは、今後の戦いに備えてプレーを隠してるところが多いんじゃないかといってました。それでも点はとってほしいですよね。
結局スコアレスドロー。西日本代表決定戦を経て甲子園ボウルになるわけですが、そっちではいい戦い、というか今日もいい戦いでしたので、点をとって勝ってほしいです。
今日いちばんおもしろかったのは、ゲームスポンサーにマンダムがついていたのですが、実況の人がマンダム製品の紹介をすごい棒読みでいっていたのでした。「みなさん、自分がHAIR JAMかHAIR JAMじゃないかわかりましたか?」っていわれても困る。それよりもチームの意気込みみたいなのの方がより棒読みだったのがおもしろかったです。

カテゴリー: 関西学生フットボール パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です