フィギュアスケートグランプリシリーズ2013 カナダ大会(2):男子シングルSP

マーが沢村賞受賞。もちろんノー文句ですし審査委員会も30秒くらいで終わったんじゃないかと思いますが、それにしてもカネコチヒロがあわれなマイク松ですこんにちは。富井はもちろんおこで、上司、おこなの?って感じです。でもしょうがない。シーズン無敗と完投負け6敗では、完投の部分しか勝ってないですからね。
さて、今日はカナダ大会、男子シングルSPです。

フィギュアスケートグランプリシリーズカナダ大会、男子シングルSP。実況は振動、解説はホンダバン。
カナダのエラジ・バルデ。どうもカナダではロゴジンに次いで4番手らしい。もっとがんばろうぜ。「ボムボム」。4T+2Tは手をつきましたが、よく回ってました。バルデも4回転いけるのか。3Aは流れもあっていいジャンプでした。パワーはありますね。キャメルスピンはキャッチフットのあとで回転速度アップ。3Lzもきっちり決めました。よくなってるわバルデ。スピンからステップ。一度止まってふたたびステップ。まずまずよく動いてます。がんばりましたね!有香ちゃんの指導のおかげや。72.35。しっかりまとめる力がついてますよ。
カナダのアンドレイ・ロゴジーン。「四季」。最初の3F+3Tはなんとか。イーグルからの3Aは流れがあって入りもスムーズでした。スピンはぶれが小さい。3Lzも決まりました。ジャンプはそろいましたね。でもあんまり表現したいことがわからん。ミスを少なくする滑りですね。スピンからステップ。エッジは深いですがもう少し滑りをのばしてほしいですね。最後のスピンも軸ばっちりでした。でも長かった。FSかと思うほど。68.31。
織田信成将軍。GPSに出てくれるのがうれしいです。すごいアップでとってる。そんな必要ないで。「コットン・クラブ」。いい滑りですねー。4Tは転倒。まあ次いこう。滑りのなめらかさは全然違いますね。3Aは流ればっちり。見事です。スピンは安定。つなぎでもしっかり表現してるし、ただ滑ってるところがない。3Lz+3Tはきっちり決まりました。ステップは楽しそうに滑っています。それでいて足下はしっかり。一世風靡セピアみたいな振り付けもありました。最後はスピンでフィニッシュ。まずまずいい演技でした。初戦としてはいいし。80.82。転倒してもこの得点。
アメリカのジェレミー・アボット。今年のプログラムもたのしみ。「ピナ・バウシュ」。4Tは単独でしたがばっちり降りてきました。おっけー!でも次大事ですよ。2Lz+2Tになってしまいました。あー。もったいない。アップライトスピンは回転が速いです。3Aは手をつきました。シットスピンもレベルをとりきれないか。次のスピンはよかった。ステップは片足部分も長いし相変わらずのエッジワーク。何より音との調和がすばらしいです。でもきっちり3本そろわないところも相変わらず。74.58。お通夜。
アメリカのジョシュア・ファリス。ようやくGPSにも出てきましたね。「リベルタンゴ」。3T+1Tはクワドルプルの予定でしたがタイミングあわず。スピードにのって3Aはしっかりもちこたえました。シットスピンは手がかっこいい。歌舞伎みたい。3Lzはよかったです。コンビネーションスピンはまずまず。ステップはよく滑ってますが、表現としてはみえるものが少ないですね。ジュニアでは無敵でもシニアでは学ぶことが多そう。体力はありました。69.14。
第2グループは無良崇人から。「ジャンピン・ジャック」。4Tはステップアウト。回転は悪くなかったのですが。しかし無良には3Aがあります。高さも流れもいいですね。3Lz+3Tは成功。ミスは最小限に食い止めてます。スピンからステップ。動きはいいのですがちょっとせわしない感じがありますね。スピンでフィニッシュ。もっと大きな自信を持って滑ったらすごくよくなりそう。73.08。
アメリカのロス・マイナー。気になる存在マイナー。「追憶」。いきなりステップから入ります。こうみえてわりと体力ありますからね。エッジがなめらかで繊細な表現。将軍と同じような滑りです。4Sは転倒。でも4Sに挑んできましたね。3Aも転倒。軸が斜めになりましたね。フライングキャメルはポジションがとてもきれい。3Lz+3Tはきれいに決まりました。スピンからスピンの間もいい表現があったし。このプログラムはばっちり決まったらすごいよさそう。たのしみです。フィニッシュもかっこよかった。今日はジャンプが決まりませんでしたがまた全米でみたいです。66.71。
チェコのミハル・ブレジナ。調子どうかな。今の時点で仕上がってなくても驚きません。「山の魔王の宮殿にて」。4Sに挑みましたがダブルになりました。3F+3Tはしっかり成功。3Aももちこたえました。ナイスリカバー。スピンは丁寧ですね。連続でスピン来ます。トラベリングはないですね。ステップはブレジナらしい演技の大きさ。取り戻すように動きまくりました。まだ仕上がってない感じですが、徐々にあげていけばいいでしょう。とにかくジャンプだけは仕上げていきたいところ。71.71。
カナダのパトリックちゃん。すごい歓声ですね。今年の演技みせてもらいましょう。「エレジー」。昨年と同じですね。ゆっくりした動きからすごい速い滑り。3T+3Tは4-3狙いだったと思いますが、ちょっとフェンスに近づきすぎたか。3Aもいいジャンプになりました。フライングキャメルスピンもいいですね。ステップからの3Lzもすきなし。流れよくキレのいいシットスピンに。ステップもメリハリのある動き。チェンジオブペースが自由自在。物語がばんばん生み出されます。コンビネーションスピンも回転が速かったです。はーいありがとうございまーす。ジャンプは3-3でしたが1位でしょう。滑りの質がよすぎる。88.10。はーい。
羽生結弦。すごい気合い入ってますねー。入れ込みすぎないようにな。「パリの散歩道」。こっちも昨シーズンと同じですね。印象深いしこれでいいかも。4Tはあぶないところでしたがよくふんばりました。あぶねー。ドーナツスピンもポジションがきれいです。シットスピンは姿勢が低い。ステップからの3Aは高さもありましたし、降りてからのスターオーラがすごい。ばんばん。次が大事やと思ったら2Lz+3Tになりました。タイミングがあわなかったか。ステップでもバランスをくずして笑顔。コンビネーションスピンで最後はガッツポーズでフィニッシュ。はーいスター。スター。今日は入れ込みすぎてたかもしれないですね。ホンダバンもその点を指摘していました。でもまあスターはスター。80.40。いいポジションでしょう。
○SP終わっての順位:(沢村賞的に)
1. パトリック賞
2. 征夷大将軍賞
3. ハニュー賞
4. アボット賞
5. 無良賞
1位はパトリックちゃん。ジャンプにクワドルプルは入りませんでしたがあの滑りがあれば余裕ですね。いやもうハニューがいるときに余裕はないのですが、今日の滑りなら余裕。すでに決まった感じはありますがFSもがんばるように。
2位に将軍が入りましたよ!あらためて将軍の滑りはすばらしいなと思いましたね。ジャンプも決まれば十分日本代表になれる。全日本をオケハザマ、オリンピックを上洛くらいに考えれば、今は平手の爺が切腹したくらいだと思いますが、しっかり積み上げて年末に備えてほしいです。
3位はハニュー。入れ込みすぎはハニューのいいところですし、オリンピックで入れ込みすぎなければいいわけですから、今は大丈夫。FSではその練習をしましょう。4位はアボット。ジャンプがあれでも4位。さすがです。オリンピックがんばってくれよ。無良は5位。年末に向けて伸ばしていきましょう。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です