大相撲7月場所2013:4日目

レキシのライブにいってきたマイク松ですこんにちは。スタンディングのライブハウスにいくの初めてで、なんにもわからないままいってきましたが、なんとかみられました。ライブは最高でした。お館様はすごい。
ということですごい筋肉痛ですが、名古屋場所4日目です。

4日目。実況は佐藤さん、解説は正面が芝田山親方、向正面は関ノ戸親方。
若の里×旭秀鵬。旭秀鵬がいい前まわしをとりましたが、切った若の里が出て行きます。旭秀鵬のはたきに乗じて出た若の里。土俵際物言いがついて取り直しに。あー。今度は若の里がかち上げますが、また前まわしをとった旭秀鵬が今度はそれを軸に攻めて寄り切りました。
舛ノ山×翔天狼。左四つからかいなを返した舛ノ山が崩して寄り切り。初日を出しました。
玉鷲×徳勝龍。玉鷲いい立ち合いでしたが足が流れてしまい、引き落とされました。徳勝龍も重い出足。
玉飛鳥×常幸龍。左四つは玉飛鳥の形。常幸龍の投げも残し、かいなを返しながら寄り切り。いい形になれました玉飛鳥。
魁聖×蒼国来。蒼国来はずにつこうと動きますが、魁聖はしっかりみて常に正面において押し出しました。落ち着いてましたね。
阿覧×琴勇輝。琴勇輝大きくなってきましたね。立ち合い阿覧が変化しますが、しっかり読んで動じず、突き押しで押し出しました。ちゃんと頭に入れていたようですね。
碧山×大道。碧山のいい立ち合いでがっつり押し込まれた大道。なんとかまわりこもうとしますが押し倒されました。いいところなし。
栃ノ心×佐田の富士。佐田の富士の突き押しに対して右上手をとった栃ノ心。出し投げで崩していきますが、佐田の富士が右座視からかいなを返して起こしにきます。少し形勢が変わってきたか。長い相撲になってきました。右四つで膠着します。長い相撲になりました。栃ノ心が右下手で寄っていきますが、佐田の富士が土俵際突き落としで勝ちました。
千代の国×嘉風。千代の国の突き押しをかいくぐってもろ差しになった嘉風。押し出しました。
勢×豊響。豊響のグレートホーン炸裂!土俵際まで一気に押し込んで、押し出しました。いい立ち合い決まりました。
北太樹×豊ノ島。右四つになって北太樹がいい体勢。巻き替えられないうちに決めたいですが膠着。と思ったら豊ノ島が右四つのまま寄って寄り切りました。巻き替えるタイミングを北太樹もはかってたと思いますが、その裏をかきました。
旭天鵬×宝富士。旭天鵬が左四つ右上手。立ち合い手を出して工夫しました。宝富士もあおって体勢を作ろうとしますが、上手は離さず、最後は出し投げ気味の引き落とし。
隠岐の海×富士東。富士東突き押していきます。いなしで大きく崩れる隠岐の海ですが、ぐらつきながらも右上手をとって形勢逆転。起こして寄り切りました。下半身は稽古十分のようですね。
安美錦×高安。合い口のいいアミー。合い口の悪い高安。立ち合い当たってもろ差しになったアミーですが、土俵際で首投げから突き落とした高安。初めてアミーに勝ったようです。もろ差しにはなったのですが。
時天空×豪栄道。立ち合い左上手をとったゴーエードーがはずについて寄り切り。やっと初日出ました。
鶴竜×妙義龍。妙義龍はたきをしのいで一気に前にでていきますが、土俵際鶴竜の突き落としが決まりました。相撲はばっちり、いい流れだったんですが。
千代大龍×琴奨菊。左四つから右上手、腰を落として寄り切り。完全に菊の相撲でした。
稀勢の里×松鳳山。松鳳山突き押しに対して押し返すキセ。突き押しで松鳳山を押し出しました。
豪風×琴欧洲。中に入った豪風でしたが、カロヤンが両上手。おおいかぶさるように寄り切りました。相撲が早いですね。
白鵬×栃煌山。栃煌山の当たりに対して白鵬立ち合いからとったり。栃煌山はこういう負け方2回目だそうです。
臥牙丸×日馬富士。ハルマが強烈に踏み込んで頭で当たってすぐはたき。これで片付きました。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。