世界フィギュアスケート選手権2012(3):男子シングルSP

女子シングル、おもしろかったですね!コストナーがついに初優勝。怪我もあり、跳べなくなったジャンプもあるなか、よくここまでがんばってきたと思います。そして、鈴木明子がついにメダルを取る日がやってくるなんて。しかも持てる力を発揮すれば優勝の可能性だってあった27歳。女子はジュニアの頃の方がジャンプが跳べるものなのに、今年から3-3を入れるようになるなんて。私にとっては昨年欧州選手権でのサラ・マイヤーの優勝と同じぐらい心に残る大会でした。
さて、男子シングルは解説が五十嵐文男さん、実況が小林さん。五十嵐さんの解説久しぶりだー。
セルゲイ・ボロノフ。予選からの出場で予選2位。「アルメニアン・ラプソディー」。新プログラム。4T+3Tは成功。待ちが長い3Aは2Aになってしまいました。3Loはなんとか成功。SlStは難しいターンが少ないと五十嵐さん。スピンは可もなく不可もなく。丁寧にいったところがスピードがあまり感じられませんでした。それからいつの間にか美少年だったボロノフの額が広がってきたような気も・・・。66.81
イスラエルのアレクセイ・ビチェンコ。初出場の予選12位。「グリーン・ディスティニー」。3F+3Tは成功。次のジャンプは2Lzになってしまいましたが、2Aはおそらく予定通り。スピンはもうちょっとスピードがほしい。SlStは音楽に合わせてがんばっていますが、シンプル。シットスピンは少々トラベリング。52.76
韓国のキム・ミンソク。予選は11位の19歳。赤いシャツに緑のパンツはクリスマス的な不思議なおもしろさ。3S+3Loは両足着氷。3Aはきれいに成功。3Lzは回転不足かなあ。SlStはゆったりとエッジを見せるようなかんじで。最後のスピンは止まりそう。なかなかのできだったのですが、シットスピンが2つ入っている構成になり、最後のスピンはノーカウント。もったいない!これは周りの人が気づいてほしかったですね。55.41
スペインのハビエル・ラヤ。「タンゴ」。初出場。イーグルからの2A。3F+2Tもオッケー。ハビエル・フェルナンデスと同じところでスケートを始めたそうですが、ジャンプは苦手なんですね。3Lzはインサイドエッジか。でも、姿勢がよくて滑っている姿はきれいです。スピンも上手。転倒もなく、本人はとても満足そう。57.22
ドイツのピーター・リーベルス。3F+3Tはエッジがアウトサイド。3Aは転倒。3Lzも手をついてしまって転倒扱い。がんばれ。SlStもちょっとつまずきかけましたが大丈夫。最後のスピンもバランスを崩しながらなんとかフィニッシュ。うーん、いいできではありませんでしたね。58.21
デンマークのユトゥス・ストリード。「ラヴィアン・ローズ」。3Aは一度こらえたのに支えきれずに転倒。3F+3Tも回転不足。3Lzも転倒してしまいました。シットスピンは頭を抱えて悩む人のようです。CiStは小粋な振り付けでがんばっています。サミュエル・コンテスティの振り付けに似た感じ。今日は運がありませんでしたね。50.55
ケビン・レイノルズ。髪の毛がさっぱりしてより男前度が上がった気がします。4S+3Tは成功。3Aはきれいですね。高さも以前より増したような気がします。スピンは今までの人の倍ぐらいのスピードで回っています。3Lzもオッケー。キャメルスピンも足が長いから見栄えがしますね。SlStもよくからだが動いています。おー、いいできでしたね。本人もガッツポーズ。72.95
デニス・テン。ラフマニノフ「エレジー」。3Aは高さがあって、ランディングもきれい。3F+3Tはランディングが乱れてしまいました。3Lzもいいジャンプですね。スピンも回転がいい。SlStもドラマチック。やっぱりこの人はもうシニアの滑りなんだなあ。最後まで集中力のある素晴らしいプログラムでした。終わったときにすぐに立ち上がれないほど疲れたようでした。フランク・キャロルコーチはジャンプで失敗したときも「ネコのようにこらえろ」と言うらしくて、デニス・テンはそれができていると五十嵐さん。76.00
モナコのキム・ラシーヌ。「サマータイム」。イーグルからの2Aは予定通り。滑りが軽やか。3F+3Tは間にターンが入ってしまいました。スピンもなめらかなスピン。ややみなごろしイーグルからの3Lz。SlStは特に工夫なく。最後のシットスピンもきれいなスピンでした。雰囲気があってよかったですね。59.93
ウクライナのドミトリー・イグナテンコ。「カルメン」。初出場。2Aは普通。3Lz+3Tも普通。3Loはランディングがもうひとつかな。緊張しているのか動きが堅いですね。シットスピンはフリーレッグのホールドポジションが個性的。CiStは少しからだが動くようになったかな。スピンのポジションがおもしろい選手なのでこれからがんばってほしいですね。52.93
フィリピンのクリストファー・カルーザ。この選手、気に入ってます。初出場。「Mr&Mr&Mrsスミス」。2Aですが、大きなジャンプ。3Lz+3Tはランディングがもう一つ。3Loが成功してガッツポーズ。スピンの回転もいい。SlStはジャッジにアピールする余裕も。音をよく拾っています。後半になるとより激しい動きでお客さんからも拍手。自分のベストが尽くせたことに大満足。うれしそうで好感が持てます。61.87。FSに進めるようです。よかったですね。
ウズベキスタンのミーシャ・ジー。サン=サーンス「白鳥」。3Aは両足着氷。3F+3Tはオッケー。3Lzもいいですね。あれ、この人こんなにできましたっけ?スピンもいい。SlStも白鳥っぽい動きでスピードもある。最後のポーズまで白鳥。素晴らしい。なんか急に上手くなったような気がします。フリーも楽しみ。65.29

第3グループからはマイク松ですこんにちは。きゃー!!五十嵐さーん!久しぶりです!
中国のナン・ソン。コーチがカアプの広瀬みたいな人。必殺技みたいなポーズから。「レクイエム・フォー・ア・ドリーム」4T+3Tをしっかり決めてきました!3Aはあぶなかったですがもちこたえました。あぶない。ステップからの3Lzは転倒。あーもったいない。小林さんもこのあとが大事っていってたでしょ。スピンは安定してますが、なんかSlStはどこかでみたことのある振り付けばかりで。最近の流行をとりいれてますね。広瀬似のコーチにバリエーションをつけてもらってください。69.58。ピンクのくまをもらってます。
ナン・ソンには悪いですが、五十嵐さんの解説久しぶりで。ほんとにうれしくなりました。
オーストリアのヴィクトール・ファイファー。久しぶり。なかなか雰囲気のある出だし。3Lzは手あげ。きれいな軸でした。3S+3Tもしっかりセカンドもまわってます。五十嵐さんは流れがいいと指摘。確かに。2Aもまずまず。こんなに叙情的な滑りしてましたっけファイファー。スピンもかにっぽいポジションもきれい。よくわからないレイバックポジションと工夫がトリッキー。SlStでは衣装のひもにエッジをひっかけてしまいましたが、ステップのかがんだ状態をいかして半ズボンに。そのままスピンでフィニッシュ。機転の利くやつよ。最後は両足とも半ズボンにしてました。60.61。あの機転にGOEプラスしてもらえませんかね。
ポーランドのマチェイ・チェプルーハ。おもしろい名前。予選3位。まずは2A。3Aは1ヶ月前におぼえたばっかりだそうです。3Lz+2Tはエッジどうだったか。あーこれ「コーヒー・ルンバ」ですね。3Loも成功。スピンは難しいポジションではないと五十嵐さん喝破。がんばれ。表情は明るい。SlStはシンプルな構図も場内をもりあげていました。音楽にすごくあっているのでかっこいい印象。シンプルでもよく滑り込んでいたんでしょうか。ポーランドを背負ってがんばれ。57.18。
フランスのブライアン・ジュベールお父さん。地元なのでがんばってほしいですね。フランスチームのやつらも応援してます。気合いは感じるけど。「ジェネシス」「エアロ・ダイナミック」。4T+3Tをしっかり決めました!やるじゃんお父さん!3Aは軸がだいぶ傾きましたが、ランディングで力で押さえ込んだと五十嵐さん。おもしろいダンスを入れながら場内を盛り上げます。3Lzもばっちり成功!ここにあわせてきたんですかね。スピンも速い。場内をアジってCiSt。ちょっと007のときの元気さが戻ってきたぞ。しっかりかっこよくフィニッシュ。いいですねー!!久しぶりに元気なお父さんみたよ。よかった。83.47。シーズンベスト出ました。あーよかったわー。
スウェーデンのアレクサンダー・マヨロフ。パパはアレクサンダー・マヨロフ・シニア。「オースティン・パワーズ」。慎重に3Aにいきましたが成功。少しずつあほな動きとスケーティングが融合してきてますね。と思ったら3Lzでいい感じの転倒。うわー!3Fも回転不足で転倒しました。笑いはほかのところでとればいいんだよ。まあそのあとはなかなか乗り切れませんでした。がんばれマヨロフ。少しずつ胸元をあけているのは評価したいですじゃ。お通夜キスクラ。56.57。
アメリカのアダム・リッポン。「コロブシュカ」。3F+3Tはクリーンなジャンプ。イーグルからの3Aは少しタイミングが合わずステップアウト。スピンはばっちりですね。3Lzも手上げでステップアウト。そろいませんね。しかしドーナツスピンは男子では一番のきれいなポジションです。SlStは次第に曲が速くなるのをしっかり表現。でかいバレエジャンプもかっこいい。最後のレイバックポジションもよかったです。ジャンプがそろわなかったですが、能力の高さはみせられましたかね。73.55。
第4グループ。
カナダのパトリックちゃん。いきなりでてきましたね。カナダだからフランスでも人気ですね。「テイク・ファイヴ」。のっけから滑りの質の違いを見せつけます。4Tはコンビネーションにしませんでしたね。あぶないところでしたがリカバー。3Aはきっちり決まりました。高速スピンでもまったく軸がぶれません。3Lz+3Tをここで跳んできました。まったく問題なし。正確なフライングキャメルスピンからSlSt。少しよろけたようにもみえましたが大丈夫。しっかりフィニッシュでしたが不満そう。でも十分でしょう。89.41。もっとでたかなーという感じのリアクションです。
イタリアのサミュエル・コンテスティ。そういえばもともとフランスの人でした。それよりイタリアは今蛍光色ブームなんだろうか。欧州選手権のあとに作ったSP「オ・ソン・デ・ギターレ」「タランテラ・ナポリターナ」。3Lz+3Tを決めました。ランディングはもちこたえてますね。3Aも詰まりましたがなんとか。3Fはクリーン。ジャンプはまずまず。スピンからギターを弾く動作を入れて小芝居モード発動。スピンはゆっくりまわってますがしっかり曲にはあわせてます。SlStは場内をしっかり盛り上げて。スピンもがんばりましたがなにしろ順番が悪かったです。いい出来でしたが。73.55。
チェコのミカル・ブレジナ。この日が誕生日だそうです。妹も予選に出ていたそうです。気合い入ってますね。「ベスト・オブ・鼓童」。3Aはすごい高さ。ビッグジャンプですね。3F+3Tもいいジャンプ。決めてきました。そして次に4Sをがっちり成功!クリーンなジャンプでしたね!SlStも躍動感があって、鼓童の音楽にまったく負けてない。スピンもまとめました。いやー男子らしい豪快な演技。今これだけの豪放さを出せる選手なかなかいませんよ。87.67!パトリックちゃんに近い点でましたよ。
高橋大輔。いい演技をしてほしいです。「イン・ザ・ガーデン・オブ・ソウルズ」。滑りに雰囲気ありますね。4T+3Tは4回転はばっちりでしたがセカンドで手を着いてしまいました。3Aも跳んですぐ次の動作に。3Lzも軽やかです。スピンの表現力がすばらしいですね。繊細な表現。SlStはしばらくみてませんでしたがこの中でもすばらしい表現力。気合いも集中力も満ちあふれてます。最後のコンビネーションスピンも終始高速回転でした。いい演技!コンビネーションで手をついた以外はばっちりでしたね。85.72。コンビネーションのセカンドはダウングレードされてるみたい。それでもこの点。
アメリカのアダム・リッポン。全米チャンプ。頼むよ。もう演技に入ってきています。「素敵なあなた」「スウィング・キッズ」。相変わらずすばらしいエッジワーク。3F+3Tはフリップで少し乱れてしまい、3Tつけたら転倒しました。あそこがパトリックとの差か。3Aはばっちりです。表現力となにげない軽やかなステップ。パトリックと張りますね。スピンの技術もばっちり。3Lzは前向きに降りてしまいました。ぎゃー。でもSlStの音楽表現はすばらしい。最後のコンビネーションスピンもばっちり。うーんジャンプさえ跳べれば最強なんですが。あれ?これ昨日も同じこと思ったような気がするよ?74.85。お通夜キスクラ。
ベルギーのケビン・バンデルペレン。29歳。僕はオマエの引退は信じませんよ。「最後の誘惑」。3T+3Tから入りました。クワドルプルは途中でやめてますね。それでも3-3。2Aもほんとは3Aだったか。3Lzはクリーン。今日はまあまあつなぎの動きもがんばってますね。スピンもポジションチェンジがいい。今日はがんばってます。SlStは前半は片足。世界選手権ということでしっかり準備してきたみたいですね。最後のスピンも止まりそうでしたががんばりました。66.38。先にプレッシャーをなくしてFSでのびのび滑る作戦か!
最終グループ。なんか若手多いですね。
ロシアのアルトゥール・ガチンスキー。「セントルイス・ブルース」。クワドルプルに挑みますが、2T+2Tになってしまいました。ようコンビネーションにしたわ。3Aはばっちり。3Loも成功です。でも2-2では。こころなしかキャメルスピンも元気がないです。SlStで元気出せ。おっ元気だしてますねー。おもしろいポーズも入れて、フラットちゃんイズムも表現。しかしスピンはなかなか元気が出せませんでした。うーん残念でしたねー。ちょっと気負いすぎたか。キスクラはお通夜でした。68.50。あーアメリカのお通夜よりもひどい。
フランスのフローラン・アモーディオ。大歓声。「ティアーズ・オブ・ザ・サン」。4Sはまわってましたが転倒。おしい。3Lz+3Tはキレよく決めてきました。3Aはあぶないところでしたがふみとどまった。スピンは回転が速い!このへんはアピールポイントですものね。すごい速い。そして情熱的なCiSt。両足で滑る部分が多いと五十嵐さん。気合いでカバーです。スピンでフィニッシュ。うーんアモーディオの元気さで押し切るにはプログラムがきつかったか。79.96。5位にきました。がんばった。
羽生結弦。きました初出場。思い切った演技をお願いします!スクリャービン「悲愴」。気合い入ってますね!4T+2Tは4-3にはなりませんでしたがいいジャンプ。3Aも予備動作なしにすぐに決めてきました。ドーナツスピンはさすがの美しさ。つなぎの部分にも意識がすごくあって、全体に物語を作っています。しかし3Lzがシングルに。もったいなーい。うーん。しかしここで気落ちしないのがハニューのいいところ。芸術性と躍動感を兼ね備えたステップ。伝わるものがあります。コンビネーションスピンも軸ばっちりでした。うーんあの1Lzだけでしたね。77.07。よく出てます。
小塚崇彦。信夫コーチから気を注入。「インナー・アージ」。4Tはなんとかがんばろうとしましたが転倒。回転も足りないっぽい。3Aは降りてたのに転倒。惜しい!3Lz+3Tでコンビネーションをリカバー。あぶないところでしたがこらえました。スピンで持ち直して、SlStはディープエッジとエッジワークの華麗さ。ここは見せ場でした。最後のコンビネーションスピンも高速回転でした。うーん2転倒はきつい。氷の質に対応出来なかったか。71.78。
スペインのハビエル・フェルナンデス。足首にオリンピックのタトゥーを入れています。すげー。4Tは詰まりましたがなんとか成功。がんばりました。3Lz+3Tもしっかり。会場の空気を変えていきたい。3Aはオーバーターン。あー。でもスピンはがんばってます。会場もしっかり盛り上げる。スペインの応援団も盛り上がってます。SlStは今までの人たちに比べるとシンプルですが軽やか。スピンもまとめました。まずまずの演技できましたね。81.87。よく出てます。
チェコのトマシュ・ベルネル。最終滑走です。10回目の世界選手権。「カルミナ・ブラーナ」。クワドルプルに挑みますがダブルに。3Aはしっかり。スピンは少しトラベリングしました。おっとっとっと。3Lz+3Tは2つめツーフットだったか。スピンからCiSt。大きな表現と深いエッジワークは健在ですね。最後までしっかり演じました。よしよし。ベルネルらしさは出せました。70.38。コーチが無表情。
○SP終わっての順位:(桜ソング的に)
1. パトリックSAKURAちゃん
2. ブレジナ桜が風に舞う
3. チェリー高橋
4. さくら、お父さんだよ
5. スペイン桜フェルナンデス
6. フラワーアモーディオ
7. ハニューの桜
トップはまあ予想通りパトリックちゃん。完全な出来ではありませんでしたがトップには十分。それより2位のブレジナがよかった。でかいジャンプ、でかい滑り。今なかなかいないタイプですが、ある意味醍醐味ですよね。FSもがんばってほしいです。
3位は高橋。上を狙うにはいい位置です。滑り自体はすごいいいし、気合いののりもいい。FS期待したいです。4位はジュベールお父さん。久しぶりに完調のお父さんをみられてうれしかったです。うん。
羽生は7位。それでも気迫の滑りは変わってなかったです。その思いは伝わってきましたよ。FSでは1つでも順位をあげていってほしいです。ハニューならそれができる。
久しぶりに五十嵐さんの解説ききました。演技を遮らない落ち着いた口調と、すごい細かく情報を伝えてくれるんですよね。うれしかったです。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

世界フィギュアスケート選手権2012(3):男子シングルSP への2件のフィードバック

  1. tareko のコメント:

    どーでもいい話ですが、
    五十嵐文男さんは、私の主治医の高校時代の同級生です。
    それで、主治医さんはスケートを見るようになって、
    安藤美姫選手のファンだそうです。
    全く競技に関係のない話ですいません。
    今シーズンは個人的にしょんぼりなので(理由は、ね)
    あまりきちんと見てなくて。
    だからこちらのレビューを楽しみにしております。

  2. マイク松 のコメント:

    tarekoさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    五十嵐さんの同級生!それはすごい。そりゃ影響されますよね。
    みるときはぜひお隣で解説してもらってください。何倍も役にたつので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です