カナダフィギュアスケート選手権2012(4):男子シングルSP/FS

大嶋がバックスクリーン弾。いいバッティングしてるなと思うマイク松ですこんにちは。すごい打球でした。たのしみ。
今日はカナダフィギュアスケート選手権の男子シングル。2位以下がどうなるかと、1位の人がどういう滑りをするかが楽しみです。

カナダフィギュアスケート選手権、男子シングルSP/FS。実況は小林さん、解説は藤森さん。
SP最初はシャキール・デイヴィスから。初出場。2Aはランディングがうしろがわにステップアウト。おもしろ。3F+3Tはなかなかいいジャンプ。ステップからの3Lzはダブルに。スピンのシンプルさにこれはLv.1しかとれないと藤森さん。もっと楽しませてあげて。SlStはがんばっていました。身体能力は高そうなので、これからジャンプをばんばん鍛えていってほしいところ。48.93。
サミュエル・モレ。おとなしい滑りでしたが3Aは成功しました。3Lz+3Tはセカンド回転不足みたいですがジャンプはいいですね。ステップからの3Loは成功。スピンはしっかりレベルをとりにいってます。SlStもそうですが全体的に平板な感じがしますね。もっと表現してほしいですが、よくいえばまとまってるのでがんばってほしいです。59.19。
デイヴ・フェルランド。会場にいぬみたいな遠吠えをする人がいる。ウェイターみたいな衣装です。3Loは手をつきました。3Aは転倒して、都会から傷ついて帰ってきた姉みたいになりました。3T+3Tは間にターンが入りました。いまいち強みがどこなのかがわからない選手。51.18。
ラファエル・ヤコビ=ハリス。アンデス民謡。3Aはきれいに決めました。3Lz+3Tは止まったけどしっかり決めてます。3Fはロングエッジでステップアウト。3つ決めたかったですけどね。スピンは途中で終わってしまいました。SlStもそうですが全然アンデスっぽさを表現してないのがもったいない。もっと冒険してほしいです。最後はだいぶ時間があまってました。56.19。おおオーサーの弟子ですか。
マキシム・ビリー=フォンティーン。ハイチ生まれ。いきなりダンシングなプログラムですが、すごいダンス得意そう。いいリズムで入ったのに1Aになりました。ステップもいいのに。3F+3Tは決まりました。よっしゃ。音感はよさそうで的確に音をつかんでますね。3Lzは転倒。ジャンプさえ決まればすごいいいのに。とはいえダンスパートは片足でもリズムあるし、身体表現がすごい。もっとサンデュ先輩に教えを請うべきですね。52.17。
なんかさっきから曲紹介が全然間違ってる。どういうことだ。
次は最年少。ナム・イングェン。13歳なのにすべての世代で優勝してるらしい。今回は経験のためにシニアに出さされるらしいです。2Aは流れがあって加点もらえそう。3Lz+3Tは止まってますがまわってますね。ステップからの3Fはツーフットですね。キャメルスピンはドーナツポジションもできます。SlStは感情表現が豊か。今までの選手の中でいちばん伝わってきます。最後もきっちり決めました。これはさすがに期待の新星。57.32。うわー13歳で2位。目標はこの大会でトップ5に入ることだそう。すごい。
リアム・フィルス。3T+3Tは高さがありましたねー。滑りがいいしよく伸びてる。2Aはランディングがビューティフル。雰囲気はパトリックちゃんみたいな感じですね。ステップからの3Lzも成功。シットスピンはとても回転が速いです。スピン得意みたい。SlStはワンフットのところでもスピードが落ちないし、手の動かし方もパトリックちゃんみたい。スピンでしっかりまとめました。これはいい演技!ジュニアのGPSでもがんばっているらしいですが、まだまだのびていくでしょう。66.34。
ジェレミー・テン。久しぶりですねー。3Aは転倒。3Lz+3Tはきっちり決めました。スピンのポジションはいいです。力は失ってないですね。ステップからの3Loはきれい。SlStもしっかり踊れてるし、雰囲気をよく作れていますね。最後のスピンはおもしろいポジションでした。ちゃんとがんばれてますね。けがしてたのか、休んでたのか。いずれにしてもジェレミー・テンが戻ってきたのは大きいですね。70.81。
アンドレイ・ロゴジーン。世界ジュニアのチャンピオン。「ブロークン・ソロー」ほか。クワドルプルを会得したらしいですが、今日は3F+3Tから。イーグルからの3Aはだいぶ着地で乱れました。でもさすがに技術はもってますね。ステップからの3Lzはダブルに。これは決めたかったところ。SlStは見た目ほど得意じゃないか。もっと滑らせていかないと。60.82。実力がぜんぜん発揮できませんでしたね。
エラージ・バルデ。「マラゲーニャ」ほか。3Aはターンが入りました。でもソウルフルなミス。3Lz+3Tはしっかりメイク。3Fはロングエッジとのこと。SlStは見せ場でした。よくフラメンコの演技ができてる。これはスケートカナダのときよりも上がってますかね。最後にスピンをまとめていますが、長髪を振り乱してパッションよく仕上げていました。いい演技でしたね。おおカメレンゴさんと有香ちゃんがついてるんだ。68.32。
ケビン・レイノルズ。「チェンバーメイド・スウィング」。今日はなかなか調子よさそう。がんばれジャンプ。4S+3Tを決めてきました!やりますねマッチ棒!3Aもばっちり。回転のキレがいいです。スピンからしっかり踊りも入れて。ステップからの3Lzも問題なし。いいじゃないですか!SlStは片足でも大きなスパイラルパートも入れたりして。これはかっこいい。すごくエッジワークもいいしリズムも歯切れがいい。最後のスピンもまとめました。これはすばらしい!久しぶりにマッチ棒の完璧な演技みましたよ。80.81。よしよし。
最後はパトリックちゃん。「テイク・ファイヴ」。すべって数秒で藤森さんの「うまいですねえ」がでた。4T+3Tをしっかり成功。あとは自由自在ですね。すごいエッジワーク。3Aも流れがある。ホームですし鬼門も突破。ステップからの3Lzもクリーンなばかりかその前のステップがかっこよすぎ。スピンもなにげにしっかりレベルゲット。そしてSlSt。片足でリンクのはじからはじまでいきましたよ。あっという間に。最後もばっちりでした。オマエの完璧な演技はみあきたわ!いうことないわ!で101.33がでました。100点出すなって。演技が終わって、上位陣とオーサー、有香ちゃんが渋い顔で拍手してました。おもしろい絵だった。

FSはナム・イングエンから。あのちっこいやつや。ベートーヴェン「ピアノ協奏曲第1番・第5番」。3S+3Tから決めてきました。ジャンプは止まるけどしっかり決めますね。3Lzは流れがあった。その調子や。3Fもおっけー。SlStもスケートに伸び出してますね。いいぞ。3Loはシングルに。あー。3Lz+2Tは決めました。2A+2T+2Loも成功。トランジションも意識してやってますし、スピンは今日は回転が速い。3S、イーグルからの2Aとジャンプはかなり決まってます。13歳でここまでできれば、やがてはパトリックちゃんみたいになるのかも。終わってでかいガッツポーズ。やりましたやりました。179.28!すごいうれしそう。というか大きい人たち負けてるで。
アンドレイ・ロゴジーン。「ポエタ」。おっ気合い入ってますね。3F+3Tは止まってしまいましたが回ってはいますね。イーグルからの3Aはつまずいてましたが2Tつけてシークエンスに。3Aはもう1回いきますがステップアウト。3Aは今日はだめみたい。3Sは決まりました。つなぎの演技がずいぶん長い。3Lz、3Fと決まってきます。持ち直してますね。3Lo、2A+2A+SEQは成功。スピンからSlSt。がんばってますがフラメンコを表現しているとはいいづらいですね。というかだいぶ疲れてる。なんとか最後までがんばりました。188.64。ちびっこに負けてられないですよね。
リアム・フィルス。「アラビアのロレンス」。3Lz+3Tはエッジが正確できれいでしたねー。いい滑りしてる。3Aは転倒。音楽にあわせたしりもちがクール。でも試合でやるのは大事と藤森さん。3Fはロングエッジ。CiStはエッジワークが堪能できます。もっと大きく動いてほしいところ。2A+3Tは成功ですが、3Loはダブルになりました。もう一息やでー。3Lzもダブルに。3Lz+2T+1Loとなんか力尽きてます。SlStはチェンジオブペースが効いてます。最後の3Loで転倒。がんばれ。なんとか演じきりました。エッジワークに将来性を感じますし、この調子で伸びていってほしいところ。187.78。しょんぼりさん。
エラージ・バルデ。マイケル・ジャクソン・メドレー。たのしみ。3A+2Tはセカンドでステップアウト。3Lz+3Tは決めました。3Fはロングエッジ。「BAD」になって楽しさ満載のCiSt。ちゃんと音楽のいいところをおさえてます。シットスピンもいい流れ。表現の部分はまだ磨けば光りそう。2Aは大きなジャンプで加点つきますね。ステップからの3Lzも流れがある。3Loも高さがあるし3Sもしっかり。ジャンプのバリエーションありますね。こんなにうまい選手やったかと。スピン終わって「ビリー・ジーン」はお楽しみタイム。楽しそう。ムーンウォークもやりながら。2A+2Tから最後のスピンでフィニッシュ。大きなガッツポーズ。楽しんで滑るのが一番ですよね。有香ちゃんもそれでええんちゃうかという感じ。206.53!200点こえましたね。
ジェレミー・テン。「イル・ポスティーノ」。3Aは激しく転倒して都会から傷ついて帰ってきて階段から落ちた姉みたいになった。がんばれ。3Lz+3Tは回転にキレがありましたね。いいぞ。3Tも高い。CiStは音楽をよく表現してます。そうそうこういう選手でした。3Lo+2Tは間にターンが入った。3Lz+1T、2Aとジャンプをまとめてきてますね。3Sはオーバーターン。SlStは静かな雰囲気をよく作り出してます。3Fは転倒。あー最後のジャンプだったのに。スピンでフィニッシュ。全体的にがんばりましたが、ぽつぽつととりこぼしてましたね。それでも207.50。終わって泣いてました。
ケビン・レイノルズ。「クロノ・トリガー」。3種類のクワドルプルを用意しているらしい。すごいな。4Sはまず詰まりましたが成功。4Tもしっかりまわってます。3Aはしっかり成功。4Loにトライしますが、ツーフットで回転は足りてないみたい。でも4Loトライしてくれてうれしい。CiStはマッチ棒らしい丁寧なステップ。スピンも気合いはいってます。3F+3T+3Loを決めてきました!すごい!3-3-3を成功!2A+3Tはステップアウト。3Lzも詰まってますね。3S+3Loはセカンドどうやったか。でもマッチ棒の最大限のジャンプをみせてくれましたよ。もうへとへとだと思いますが、最後のスピンまでしっかりがんばりました。よっしゃ!それでこそオレたちのマッチ棒や!239.44!でかい点出しましたね!
パトリックちゃん。「アランフェス協奏曲」。4T+2Tはファーストであぶなかったですがしっかりリカバーしました。エッジワークとスピードでどしどし点が出て、4T成功。ありがとうございます。3Aは練習では失敗してましたが今は成功。CiStは自由自在のエッジワーク。スピードが落ちない。上がっていく。スピンもしっかりレベルをとっていきます。表現パートも磨きをかけてます。3Lz+1Lo+3Sもクリーン。3Lo、3F+3Tも難なく決めてきました。もうあとはぐるぐるまわってるだけでいいのに。3Lz、すばらしいイーグルからの2Aもばっちり。SlStもまさに自由自在。未知の表現。至高の技術。スピンの前にすでにスタンディングオベーションでした。完璧すぎる完璧な演技でした。どういうことだよ。憎々しさこそ横綱相撲なら、もうこれは貴乃花レベル。北の湖レベル。FSで200点突破。そしてトータルで302.14。300点て。まさに銀河点。
○最終結果:
1. パトリックちゃん300点
2. マッチ棒ほか
優勝はパトリックちゃん。確かにすごいけど300点て。出し過ぎ。でもわからんでもないです。だってあの演技ですからね。ホームということで、また追ってくる人がいないということでのびのび。SPもFSも実力をしっかり出していました。4回転もしっかり決めたし、4-3が4-2になったときに、あとで3-2を3-3にしてリカバー。やつは計算もできるんですよ。やれやれ。もう白目むきすぎとか普通のいいがかりしかできないじゃないですか。
2位はレイノルズ。あんなにがんばって、あんなにジャンプ跳んだのに、60点差がついています。わーい。でも世界選手権にはいける。世界のミナサンにレイノルズの底力みせてあげてくださいな。
3位以下ではバルデが気になりますね。どんどんよくなってる。サンデュ先輩に続く存在として追っていってください。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です