フィギュアスケートグランプリシリーズ2011 フランス大会(3):男子シングルFS

西武が中島のポスティング容認。がんばってほしいと思うマイク松ですこんにちは。通用するしないとかより素直に応援したい。ナカジはそういう愛されキャラですよね。
今日はフランス大会男子シングルFS。たぶん優勝は決まってますが、表彰台はまだ予断を許さない。それだけのメンバーですからね。どうなることやら。

フィギュアスケートグランプリシリーズフランス大会、男子シングルSP。実況は大西さん、解説はサノさん。
シャフィック・ベセリエ。かっこいい指さしポーズからスタート。マッシブ・アタック「ティアドロップ」ほか。ちょっと西遊記みたいな曲だ。4Sはサルコウのポーズのまま回転不足で降りてきた。逆に新しい。3Aはステップアウト。3Lzはステップをたくさん入れていましたが成功しました。CiStは結構動きがいい。曲をよくとらえてるし、ノリもいいですね。フランスはそういう人がいっぱい育つのかな。スピンは難しいポジション。3A+2Tは決まりましたが、3Loは途中でばらけましたね。がんばれ。3T+2Tはなんとか。3S+2T+2Tは大丈夫。あ、この曲ジュベールお父さんも使ってましたよね。2AからSlSt。これも歯切れよく場内をあげるパッションがありますね。そのテンションをスピンにも引き継いでほしい。ジャンプはいまいちでしたが、しっかり場内を盛り上げました。ジュベールお父さんの後継者ならその要素も必要。160.39。
ロマン・ポンサール。プロコフィエフ「ロミオとジュリエット」。4Tはまわってはいますが転倒。3Aはなんとか。3Loはオーバーターンもなんか振り付けぽくてかっこいい。CiStは足下でがんばるタイプか。ちょっとポンセロ思い出します。すいすいと滑って3Aに挑みますが抜けてハの字で着地。新しいジャンプみたいだ。3Lo+2Tはおっけー。3F+2Tとコンビネーションを続けます。3Lzはシングル、3S+2T+2Tは決めました。大西さん「懸命にこらえる演技が続きます」。どんな演技だ。SlStは上下の動きもありますが、ちょっとあのロミジュリの音楽でへとへとのステップをしていると、悲しい気持ちになりますね。160.45。
アレクサンドル・マヨロフ。ちょっとおもしろ衣装にチェンジしてきた。「フラメンコ・ボレロ」。3A+2Tは加点つきそう。余裕がありました。3Lz+2Tも成功。3A単独はオーバーターン。まずまずの出だし。世界ジュニアでスウェーデンはじめてのメダリストになったそう。がんばってますね。SlStにしても結構がんばって音とってますね。前よりうまくなってる印象。3F+3Tはセカンドでステップアウト。3-3決まらず。無理しなくてもいいのに。2Aは成功。3Fはダブルになりました。疲れてきたか。がんばれがんばれ。3S、2Aとしっかり決めてます。CiStはメリハリをつけたいいステップももうへとへと。最後はがっくり疲れ切ってフィニッシュ。お父さんがコーチ、お母さんが振り付け師ですが、ちょっと息子に鬼の負荷かけ過ぎですよね。でもそのかいあって190.60。がんばれよ。
織田信成将軍。おっいい衣装ですね。「シェルブールの雨傘」。物憂げな表情というより問題がわかりませんみたいな表情でスタート。3A+2T+1Loは3Aのランディングはよかった。3F+3Tをしっかり決めてきましたよ!3Fはダブルに。3Loはシングルに。跳び急がないようにしてほしいですね。そしてSlStで転倒してしまいました。ちょっとエレメンツにならなさそう。スピンはいい出来。よしよし。でもどこか痛めたのか動きがよくない。2Aで転倒してしまいました。これはきっとどこか痛めてますね。3Lzも転倒。場内から大きな拍手が。3Sは成功。いいポジションのスピンもすばらしいです。もうちょっと、がんばれ!CiStは結構しんどそう。でもなんとかがんばりました。がんばったがんばった。ひざに手をやってしんどそうですが、リンクサイドではあんまりそんな感じにみせません。167.20。まさにお通夜キスクラ。
でなにげにケビン・レイノルズは棄権したそうです。まじで!?さりげない!
フローラン・虎・アモーディオ。タイガータイガーしてますね。ペレス・プラード「ベサメ・ムーチョ」ほか。4Sにいきましたが、3Sになりました。4Tに今度挑みますが、今度は転倒。ダンスパートに入ってしっかり盛り上げます。CiStの動きの良さはいいですね。つなぎの部分がアモーディオは多いですよね。がっつりつなぎ。3Aはシングル。踏み切りが乱れましたか。3Lz+2Tは間にターンが入りました。シークエンスかな。スピンはもうちょっとまわりたい。3Lz+2Tは成功。3Fはロングエッジになりました。3Aをこんなところで成功させます。じっくりためてからSlSt。静止パートでアグレッシブに踊りまくってます。スピンでフィニッシュ。今日も滑っては踊り、滑っては踊り。でも滑ってはのところでミスが多かったですかね。201.34。レベルに無頓着に踊っていくのはかっこいい。点もまずまずだ。
アダム・リッポン。トリノの土の精こと、マシュー・サボイみたいな衣装だな。なつかしい。バッハ「G線上のアリア」。最初のやわらかな表現がさすがリッポン。4Lzに挑みますがツーフットで回転足りず。3A+2Tは大きなアクセル。3Loはとてもクリーンです。スピンはきれいな回転とポジション。CiStからほんとにやわらかなつなぎの部分がすてきです。しっかりみせてくれますね。3Aを大きく決めて後半。3F+2Tはなんとか。3Lzはダブルになりますが、そのあと3Tをシークエンスで決めました。3Lzは両手あげ。かっこいい。SlStもしっかりがんばってるし、3Tからドーナツスピンでフィニッシュ。これは意欲的なプログラムですが、格段に完成度があがってますね。ジャンプがもうすこしとりこぼさず決まればいいですが、プログラム全体のまとまりがいい。217.89。
ミカル・ブレジナ。映画「アンタッチャブル」より。でかい3Aからスタート。加点マストですね。3F+3Tは4回転の予定をコンビネーションに。いい判断。4Sに挑みますがダブルになりました。CiStは曲をしっかり聴いてる。タイミングがばっちりですね。音の調和がすごい。つなぎの部分の感情表現もよくなってますよ。3A+2Tはアクセルがまたでかかった。3Fも大きなジャンプ。3Lo、3Lzと単独ジャンプを高いレベルでどしどし。2Aはステップアウト。もったいないな。スピンもポジションチェンジがしっかり。SlStはバタフライがすごい大きかった。最後のスピンもしっかり回転をまわってフィニッシュ。がんばりました。218.60。
宋楠。今日のジャンプはどうかな。リスト「ハンガリー狂詩曲」。4Tはオーバーターンでコンビネーションにならず。次の4T+3Tをばっちり決めてリカバー。このジャンプはすごいな。3Aもおっけー。スピンもしっかり回転速度をあげてます。SlStは大きなエッジワーク。長い構成ですが、じっくり丁寧に粘り強く。これはがんばってますね。3A+2Tは軸がぶれましたがしっかりリカバー。3Fもキレよく成功。3Lzはダブルになりましたが3Sは成功。CiStもやっぱり軽快に、そしてじっくりと。ちゃんと曲を解釈してますよね。2A+2TからA字スピン、高速スピンでフィニッシュ!これはすばらしい!いい演技できましたね!どうやら宋楠は本物のようです。李成江の後継者がついに現れた。ジャンプの確実さはすごい。224.10!
パトリックちゃん。ちょっと衣装がすごいことに。ジャージの横線が斜めにちぎれたみたいになってますよ。上半身も妙に薄着やし。誰が作ったんだろう。「アランフェス協奏曲」。4Tは流れのあるいいジャンプ。ぎゃー。4T+3Tもしっかり決めてます。それに加えてよく滑るスケーティングがすばらしいです。3Aはダブルに。計算通り!と思ったらCiStで転倒してしまいました。これは計算外。かなり難しい構成になってるのかな。スピンはてきぱきと。曲間の表現もいいぞ。3Lzはステップアウト。3Loはきれい。難しいステップからの3Fも成功ですね。3Lzはダブルでステップアウト。2Aはばっちり。SlStは伸びる伸びるエッジワークが。すーいすーいと。見事です。最後に回転の速いスピンでフィニッシュ。サノさんも「難しいことをやってのけるパトリックちゃん、にくいですね」とのことでした。今日はジャンプが決まらないことが多かったですが、だからといって負けたとは思えないですね。240.60。はーいありがとうございまーす。コーチとペアルックみたいな感じで映像に映ります。

○最終結果(いざゆけ若鷹軍団的に2番):
1. ペナント競うパトリックちゃんに
2. 宋楠燃えて敵を打つ
3. 一投ブレジナ火をはきて
4. リッポン熱き嵐呼ぶ、それ!
5. いざゆけ無敵のアモーディオ軍団
6. いざゆけ炎のマヨロフ軍団
7. 我らの我らの信成将軍
優勝はパトリックちゃん。とりあえず滑りが別次元ですね。ジャンプのミスで勝負の流れをおもしろくしてくれましたが、それもあんまり効果なし。CiStで10回くらいすっころんでくれないと。もうステップというか転倒ね!みたいに。ともかくこれでファイナル進出決定。
2位は宋楠。もうこれはまぐれじゃなく、すごい選手の登場ということでいいでしょうね。パワフルなジャンプでごりごり押す、古き良きジャンプマシンの復活。それでいてステップや曲の解釈もできている。ファイナルはどうなるかわかりませんが、出たらいいところいきそう。
3位はブレジナ。ブレジナもファイナル決定。ロシアも出るみたいですが、滑り込んで状態を上げながら、プログラムを作り込んでいってほしいものです。まだまだ詰まる。クワドルプル入ればもっとあがる。4位はリッポン。表彰台に割り込めませんでしたが、リッポンの良さがどんどん引き出されてますね。さすが有香ちゃん。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です