大相撲11月場所2011:初日

相撲では初日に体の張りとかをみて、「肩とか背中とかぱんぱんに張ってて、ちゃんと稽古していますね」とか「なんか一回りしぼんでる感じしますね」などとコンディションを判断しますよね。あれをなにげなくフィギュアスケートでやってしまうマイク松ですこんにちは。女子シングルでは脚をみると現状での選手のスタミナが判断出来るのです。便利。
さて!(話題転換)フォルス・スタート商会の黄金週間に突入し、大相撲も九州場所が始まりましたよ。たのしみ。今日は初日です。忙しすぎたので初日ですがダイジェストで。

初日。実況は藤井さん。解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。リポートは東が三瓶さん、西が太田さん。
翔天狼は虫垂炎のため休場らしいです。あらら。
木村山×天鎧鵬。十両の天鎧鵬が幕内で。木村山が当たって引きますが天鎧鵬出て寄り切り。土俵の充実は?
碧山×剣武。新入幕同士。碧山でかいな。突き放す碧山。うまくいなしてさらに突き押しで押し出し。北の富士さんも馬力ありますねーとのこと。でも動きのよさが光りますね。インタビューの受け答えもまずまず。
松鳳山×佐田の富士。また新入幕同士。松鳳山が前まわしをとりましたね。左四つに。でも佐田の富士が右上手をとって引きつけるも一枚まわし。松鳳山も上手をとって引きつけます。少し動きが止まります。佐田の富士も体をいかして寄りますが上手がのびているので松鳳山も残します。長い相撲になりました。しかし松鳳山も決め手がなく、佐田の富士が寄っておいての上手投げ。いやー熱戦でした。新入幕の気合いを感じましたね。佐田の富士は地元ということで親がきていたからよかったとのこと。
魁聖×宝富士。魁聖がもろ差し。起こそうとしますが宝富士もうまく受けます。魁聖前に出続けて寄り倒し。魁聖の圧力がいきました。
玉鷲×朝赤龍。朝赤龍が右をつっかえ棒にして距離をとります。玉鷲も突き放せず組めずの体勢。そしてうまくいなされ送り出されました。朝赤龍のうまさがでましたね。
磋牙司×妙義龍。妙義龍一気に出ますが磋牙司もうまく残します。突き押しからうまく距離をとっておっつけで出て行きます。磋牙司もうまくまわりこみますが、勢い余って倒れました。決まり手は引き落とし。妙義龍初日。順調ですね。
豊響×大道。豊響がグレートホーンで一気に押し出し。はずおしが効きましたね。豊響も準ホームやし気合い入りますね。
黒海×富士東。黒海張り差しも富士東うまく入って左四つ。上手をうまく使って相手を起こして寄り切り。これはさすが玉ノ井部屋の技術という感じですね。体勢は決してよくはなかったですが。
若の里×若荒雄。若荒雄もろ手から押し出し。若の里しっかり。師匠がみてるよ。
高安×豪風。高安突き押しでうまく攻めますが、引きを警戒して慎重になったところを豪風が逆襲。逆に押し出しました。高安しっかり。
時天空×雅山。突き押す雅山も時天空が前まわしをとってくいつきました。寄り切り。
安美錦×嘉風。私設応援団「俺たちは風」がいますね。アミーしっかり当たっていってどん引き。うまく嘉風ついていって押し出しました。アミーまずい相撲。嘉風はご当地ですからね。負けられない。
北太樹×栃煌山。さっと二本差した栃煌山、万全の寄り切り。いいですね。
栃乃若×臥牙丸。突き押すガガ。栃の若はうまくいなして柔らかく受け止めます。そしていなして送り出し。栃の若の相撲ですね。
阿覧×鶴竜。鶴竜も変化を警戒して普通に当たりましたが、あとは二本差してくいついて寄り切り。藤井さん「相撲のうまさが違いました」。
稀勢の里×旭天鵬。旭天鵬キセの立ち合いを受け止めておいて土俵際ですくい投げの必殺技に出ますが、キセも前に出続けて寄り倒しました。土俵際のすくい投げもありましたが、かまわず出たのがよかった。旭天鵬は土俵際でひざが少し入りましたかね。土俵下で涙ぐむキセ。この1勝は師匠に捧げましょう。
栃ノ心×琴奨菊。新大関最初の相撲。落ち着いてるようですし大丈夫でしょう。強烈な立ち合いから左差し、右も差して寄り倒し。ばっちりですね。よく稽古してきた、練習通りの勝利。すごい上の方に応援団がいますね。もっと枡席に入ってあげてよ。
琴欧洲×豪栄道。宇宙刑事カド番のカロヤン。ゴーエードーに当たってはたこうとしますが通じず。しかしうまくもろ差しになりました。土俵際の首投げも通じず。今日は相撲はよくなかったですが、落ち着いてましたね。
隠岐の海×日馬富士。左四つからハルマ右前まわしをとった。いい体勢です。しっかり腰を落として寄って最後は寄り倒し。立ち合いがよかったですね。話題にならないだけに今場所はさらさらっと星を重ねましょう。
把瑠都×豊ノ島。把瑠都張り差しから上手をとりますが、豊ノ島が下がりながらの左すくい投げ。見事に決まりました。実況席は安易安易とのこと。豊ノ島も菊の昇進に刺激を受けたよう。ぼやぼやしてる場合じゃないですよね。目が違います。
白鵬×豊真将。豊真将初日から横綱戦。がんばれ。立ち合いどーんと当たったところで豊真将の足が流れました。さすがに収穫なしですね。もうちょっと善戦してほしかった。

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。