グロスマン先生がWASにセクシーな残留 ほか

普通の人なら15秒くらいで話すことを7分くらいかけて説明する人に困らされたマイク松ですこんにちは。めんどくさいわ!
NFLはそろそろ練習も本格化、移籍も落ち着くと思ったらあんまりそうでもないようです。まずおもしろい契約延長から。
1. グロスマン先生がWAS残留、先発に意欲
積極的な補強を続けるPHI(ロニーの獲得は納得がいきました)、そんなPHIをディスりながらも戦力に自信を見せるDAL、ユメンヨラを放出しても大丈夫、オレたちにはフットボール・コップがいるからということなのかNYG。
そんな激戦地区NFC EASTにあって暗黒時代をひた走るWAS。毎年暗黒時代脱出に向けてがんばって金満補強しているのですが、さっぱり効果がありません。ハインズワースも確執の末にNEに放出したりして。しかし!WASには秘密兵器があるのです!そしてその秘密兵器が秘密じゃなくなりそうなのです!
昨年までのWASのQBはマクナブだったのですが、ご存じの通りMINに移籍しましたが、そのあと残っているのは若いジョン・バック、そしてオレたちのセクシー・レクシーことレックス・グロスマン先生でした。マクナブの移籍と共にセクシーも放り出され、そのあたりのQBをとってくるんだろうと思っていたのですが、なんと1年契約で残留してしまいました。えー!?
しかもWASは特にQBの補強の動きが感じられないんですよね。そういえばセクシーさんは最後の方はマクナブを差し置いて先発。まずまずがんばっていたのですが、まじで今シーズンの先発を狙っているようです。やったー!来シーズンはグロスマン先生でNFC EAST制覇やー!!
無理ー!!!
2. マーツOCがカトラーを絶賛
CHIのマイク・マーツOC、a.k.a. マイク松の分身。なぜか契約延長を断ったらしいので、今シーズンがCHI最後のシーズンになりそうです。そのマーツさんがカトラーを絶賛しているようです。
どうやらカトラーはロックアウト中にも婚約を解消したりしながらしっかり練習していたようで、動きはとてもよくなっていたそうです。それはいいことやとマーツさんも絶賛。
CHIはWRロイ・ウィリアムズを獲得したり、オルセンをCARに放出して代わりにマット・スパエスを獲得したりして、NFLアナリストからは大丈夫かと心配されています。でもマーツさんも今季が最後ですから。好きにやらせてあげてくださいよ。
3. マーシャル・フォークが殿堂入り&バルジャーが引退
今日はマイクさん関連がニュースでよく出ますね。
STLの伝説的RBマーシャル・フォークさん。リポーターでよく出てきますが、このたび殿堂入りすることになったそうです。そりゃそうですよね。誰やと思っとるんやと。ワーナー・ブラザーズの一員ですよ。
その一方でSTLでそこそこ活躍していたバルジャーが引退することになったそうです。まだ早いんじゃないかなー。
そもそもSTLの暗黒時代はワーニャーおじさんを放出したときから始まりました。マーツHCも去り、フォークが引退し、どんな人が来てもチームはあんまりよくならず。しかしようやく上昇の兆しをみせています。がんばれSTL。
とりあえずフォークさんおめでとう。そしてバルジャーおつかれさまでした。
4. 控えQB事情をチェック
きっとロックアウト中に考えておいたアイディアを急いで使ってるんじゃないかと思うのですが、QBのFA移籍も一段落し、控えQBの準備状況がいいチーム、よくないチームをピックアップしています。これおもしろいですね。
まず万全なチーム、最初にあがっているのはGBです。マット・フリンはてっきりトレードでいいチームにいくと思っていたのですが、まだフリンのよさには気付いていないようです。GBにとってはとてもいいことです。ロジャースにもしものことがあっても大丈夫。
2番目にはDAL。キトナ先生のバックアップぶりは最高ですね。むしろロモの時よりもよかったと絶賛。実際そうだからしょうがないですね。GO,キトナ!
DETとBUFはともにKCの暗黒時代をなんとか支えた、ショーン・ヒルとシグペンがバックアップとして控えています。いいQBなので安心ですね。ATLのライアンの控えはレッドマン。みんなからの信頼もあついそうです。オマエもキトナライゼーションする?
不安なチームでまずトップに来るのはIND。おでこ@フットボール・コップの控えは務めがいがないですよねー。しょうがない。事務総司はどこいったんだ。あいつなら大丈夫なのに。プレシーズンだけがんばる事務総司。
そしてMIAも不安なチームに上げられています。でもそれは間違い!MIAにとって不安なのはバックアップじゃなく先発だから!でもヘニーにムーアで大丈夫でしょう。来年にはペニントン@復帰の名人も帰ってくるし☆むしろNFLアナリストがオートンをめちゃめちゃ評価している方が解せません。
CHIのカトラーのバックアップ、ヘイニーは昨シーズンの最終戦で、カトラーなきあと奮闘したような気がするんですが。アイツはやるやつや。CARに至ってはなんで不安側に入れられているのかすらわからん。むしろデレック・アンダーソンが先発とかになったら、ニュートンとクラウセンで豪華すぎるバックアップタンデム完成や!
そしてDENももはやオートンがチームを去り、みたいにいないものとして考えられてます。どうなんやろう、僕はティーボウの方が長期的に見てフランチャイズQBになってくれそうな気がするんですが。わからんもんですね。アメリカからみたらキサヌキ最高!とかやっぱヤタローやで!とか、ナスノは今すぐメジャー挑戦すべきだとかいわれるのかもしれないですね。

カテゴリー: NFL パーマリンク

グロスマン先生がWASにセクシーな残留 ほか への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    オートンの評価が高い……というかティーボウの評価が低すぎですね。
    フロリダでアーバン・マイヤーとともに全米2連覇したとはいえ、カレッジでは反則的なサイズとスピードでやってた訳だから、ある程度純粋なQBとしての能力はオートンには劣るのは必定でしょう。
    フロリダの先輩グロスマンだって、結局はスパリアー以外のコーチと上手く行った事はないし、そのスパリアーだって、今はサウスカロナイナのHCとして活躍してますがWASでは散々だった訳で……。
    何が言いたいかというと、フロリダのQBでハイズマンを受賞した奴って、ネタQBにしかならないんじゃね?って事です。
    グロスマンやティーボウが活躍したSEC(South Eatstern Conference)のチームを応援する皆様及び、特にフロリダファンの皆様には、この場を借りてお詫び申し上げます。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    やっぱそう思いますよねー?>ティーボウの評価低すぎ。
    ネタになるにはまだ早い。このままではおもしろい散髪した人みたいになってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。