大相撲で出稽古が解禁、みんながんばってる

父の日のプレゼントを買いに梅田にいったのですが、いったところが悪かったのか、Tシャツが全然なくて困ったマイク松ですこんにちは。お高い服はいっぱいあったんですが…。

さて、最近はまじでうぃずころなな日常になってきてますよね。正直うぃずころなと聞いたときにはそんなうぃず嫌だわと思っていたのですが、やはり慣れてきますよね。いろんなものがもとの生活に近づいていってほしいです。

そして大相撲も一部日常が戻ってきました。そう、出稽古が解禁になったのです。いろんな力士が他の部屋に行って稽古しています。正直シンコロ前には出稽古が強い力士ほどいってるのにいかなくちゃいけないレベルの力士がいってなかった印象。今はそうでもないようですね。いろんな記事をみてもすごく活気が感じられてとてもいいことです。

どうも荒汐部屋に関取衆が集結しているようで、みんな若隆景と稽古したがっているようです。だから若隆景は部屋にいればいいようで、これが本来の姿ですよね。写真の面々もいいメンツで、かなりいい稽古できそうです。

そうはいってもやはり手っ取り早く強くなりたいとよこしまなことを考えている力士もいるかもしれないですよね。そういうときには焼き肉屋の地下にある相撲部屋を探してみるといいでしょう。圧倒的な力と技、そしてプロビデンス。角界を支配する力。あなたもいかがですか。でも問題は、ミッキー兄さんってどこにいるの?ですよね。お教えしましょう。

スカイウォーカーの地図はジャクーの探検家とR2-D2が分けて持っていましたが、ミッキー兄さんの地図は2人の暗黒卿が分けて持っています。ハライソ親方(現二所ノ関親方)は引退したとはいえ圧倒的な力を持っていますが、今は効率的な次世代型相撲部屋を目指して奮闘中。対決を申し込んで瞬殺されるよりも、丁寧に聞けば教えてくれるかもしれません。

一方のオッキー兄さんですが、先場所なぜか勝ち越したとはいえ最近お疲れ気味。三番稽古で倒せるかもしれませんが、やはりオッキー兄さん流ウッパッピー、略してオッパッピーで2回転させられるかもしれません。ここはおとなしく稽古をつけてもらったあとに丁寧に聞けば教えてくれるでしょう。

もし両方とも断られたら、岡崎市あたりで聞き込みをすればあっさりつかめるかもしれません。「このへんで永世大関のコトミツキが営んでいる焼き肉屋があると聞いたのですが…」です。「そんならぐるなびにのっとるだぎゃー」などといわれたらしめたものです。なんだぐるなびにのってるのか。

でもいきなり稽古をつけてくれといっても「お客さん、うちは焼き肉屋ですよ」といわれてしまいます。なのでまず焼き肉を食べて下さい。そのあとで「僕力士なんですけど、最近『スランプ、もうヤダ』なんですよね…」と合い言葉を言えば、地下の土俵に通されるでしょう。あとはあなたの力次第。命からがら逃げられるか、プロビデンスと調和してハチナナ力士になれるか。どっちもいや?じゃあまじめに出稽古にいってください!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。