大相撲1月場所2022:千秋楽とプチ総括

魔改造の夜がすごい話題になっているようですね。ペンギンちゃん大縄跳びめちゃくちゃおもしろかったマイク松ですこんにちは。放送中はめちゃくちゃエキサイトして、終わったあとすごいいろいろ考えさせられるんですよね。いい番組です。

初場所は千秋楽。最後はめちゃくちゃおもしろくしましょう!

千秋楽。実況は大坂さん、解説は正面が北の富士さん、向正面が舞の海さん。

荒篤山×剣翔。荒篤山が幕内で。剣翔突き押しで出ます。押し返す荒篤山が引いてしまい、剣翔が出ますが、ぱっとかわして逆に送り出しました。荒篤山いい相撲。

佐田の海×王鵬。勝った方が勝ち越し、負けた方が負け越し。王鵬いい当たりでしたが、引いたところを佐田の海がもろ差しから寄り倒しました。王鵬悔いの残る相撲。終盤はあせってしまいましたね。

若元春×天空海。天空海のど輪で行きますが、若元春がもろ差しからおっつけで倒しました。決まり手は寄り倒し。緊張から解き放たれたいい相撲でした。

妙義龍×一山本。一山本押していきます。妙義龍しのぎきれず押し出されました。再出場立派でした。

千代の国×琴恵光。突き放していく千代の国。琴恵光も応戦しますが、突きがすっぽ抜けたところを千代の国が出て押し出しました。終盤は自分らしい相撲とれましたね。

千代大龍×翔猿。千代大龍もろ手からいなして送り出し。

琴ノ若×阿炎。ともに三賞受賞、殊勲賞がアビで、敢闘賞が琴ノ若。優勝の可能性もありますからね。もろ手から出ていくアビですが、琴ノ若のいなしもあって、そこから逆襲。お互いにいなしから出て行きますが、最後はアビが引き落としで勝ちました。両者とも絶対負けないという気迫のこもった相撲でした。北の富士さんも両者強くなったとのこと。

豊昇龍×碧山。豊昇龍上手をとりにいきます。碧山組み止めて右四つ左上手。しかし豊昇龍が下手投げで下しました。11勝は大きいです。

照強×北勝富士。北勝富士慎重に立って出て行きますが、照強が下がりながらの肩すかしで勝ちました。両者ともいい動きはしてましたよね。

豊山×遠藤。遠藤押しから中に入って、下から起こしながら押し出しました。豊山の突き押しにうまく対応しながら前に出るいい相撲。

玉鷲×石浦。玉鷲が今日はもろ手ではなく、石浦がぱっと中に入って寄りきりました。中途半端な立ち合いになってしまいましたね。しょうがない。

栃ノ心×逸ノ城。勝った方が勝ち越し。右四つからがっぷりになりました。お互いに引きつけていきます。ほんとに力比べになりました。そこで栃ノ心の上手が切れた。逸ノ城が投げから寄り切りました。栃ノ心もっと負けてるかと思ったら意外にナナハチでしたね。

宇良×千代丸。勝った方が勝ち越し。千代丸が立ち合い引いたところを宇良が出て押し倒しました。宇良勝ち越し。よかったですね。ぎりぎりでした。

隠岐の海×霧馬山。オッキー兄さん有終の美を飾れるか。勝っても美しくはないんですが。キリバー左差しで攻めます。オッキー兄さんが右上手をとりにいく前に、離れたキリバーが押し出しました。どっちにしろ美しくなかったわ。

若隆景×阿武咲。阿武咲どんどん出ますが、若隆景があてがって対応し、土俵際でなんとか肩すかしで勝ちました。若隆景序盤は勝ち星あがりませんでしたが、しっかり自分の相撲を取りきりましたね。

明生×大栄翔。大栄翔強烈な当たりから押し出し。最後にとてもいい相撲とりましたね。来場所は頼むよ。明生も来場所は万全にしてきて。

宝富士×隆の勝。宝富士左のおっつけから出ますが、隆の勝が逆襲したところで引いてしまいました。最後はあまりよくない相撲でしたが、宝富士はとても今場所はよかったです。

千代翔馬×正代。なぜこの取組がこんなところに。立ち合いはマサヨで、千代翔馬が差してでますが、下がりながらマサヨが小手投げで勝ちました。来場所はどっちにしろカドバンなので、がんばってほしいです。

照ノ富士×御嶽海。対戦成績は圧倒的に悪いのですが、永世パワーで乗り切るしかない。照ノ富士は勝てば巴戦。みたいなあ。永世関脇はずから攻めて、中に入って寄りきりました!ついに永世関脇優勝!永世!永世!強かったです。お母さんも応援にきてましたが、北の富士さんが「マルガリータ!」といっていました。3回目はすごいですよね。インタビューでも大関昇進のことをきいて喜んでいました。

ということで御嶽海が優勝し、大関になることになりました。われながら怖いのですが、永世関脇認定をしたとたんに強くなってしまいました。すごくないですか?やはり永世認定をすることはパゥワーを与えるんですね。3回も優勝して大関になってないんですから、ほんとに永世かと思っていたのですが。それにしても今場所は見事でした。無事永世関脇脱却!おめでとうございます!

今場所はアビ、琴ノ若、石浦、豊昇龍が勝ち星をあげていましたが、宝富士の好調さもうれしかったです。すっかり強くなっていました。うれしかった。

来場所は御嶽海を加えて大関は3人ですが、2人はカドバンです。御嶽海がオーゼキ化すると、サンオーゼキのカドバンローテという、どこかでみたような無間地獄が出現してしまいます。御嶽海にはがんばってほしいです。もう大関になったらたいして活躍しなくなるのはきっとのろいなんだと思います。そろそろミッキー兄さんを生き神様としてまつる時期にきているのではないでしょうか。

最後にオッキー兄さんについて。4勝11敗ですよ。まあ当サイトを長くごらんになっている方はおおよそ想像がつくと思いますが、永世関脇が優勝するためには、暗黒卿がプロビデンスの負の部分を背負う必要があったわけですね。割を食ってしまいましたがしょうがない。来場所は永世関脇は御嶽海に戻りますので、オッキー兄さん大活躍の予感です。ご期待下さい!

ということで、サーバメンテナンスのため、大相撲のレビューだいぶ遅れましたがやっと終わりました…。オリンピックに向けて覚悟完了です!

カテゴリー: 大相撲 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です