日本シリーズ第5戦 新たなる希望・オオタリョウ

清宮がすでにすっきりしていて驚きの富井です。

ビッグボスに痩せろと言われて、こんな短期間に痩せられるものでしょうか。メディアを使った見事なコントロール、やめてください。吉田輝星も髪切れと言われて切ったらしいですし、みんな言うこと聞いてるじゃないですか。ついでに金子弌大も元の漢字に戻すように言っていただけますかね。全然運勢上がってないように思うので。

さて、日本シリーズはやっと山崎福也と原樹里です。私は3戦目がこのカードだと思っていたのですが随分待たされました。2人ともピッチングはともかくバッティングが素晴らしい組み合わせなんで、ピッチャー同士の打点で決勝点が決まるというような漫画のような展開を夢見たのですが、普通にと言うか普通以上に警戒がすごくてピッチング的にはDH制みたいでしたね。残念。特に福也にたいしてあんな内角攻めてきますか?2打席しかなくて物足りませんでしたが相変わらずきれいなバッティングフォーム。解説の藤川さんも「今からでも打者転向できそう」みたいなこと言われてました。それを言うなら、二刀流でしょ!代打山崎福也をいつか見てみたいなあ。

今日のポイントは2塁太田でしたね。多少実績のある来田ならまだしも、太田はほとんどいいとこなかったんじゃないかと思いましたが、中嶋監督のイリュージョンも衰えていませんでした。太田が7回に3塁打を放っての見事な逆転、3塁ベース上で高校生のようなガッツポーズが今までの重苦しい試合を吹き飛ばすような爽やかさで希望が見えました。

このチームは吉田・杉本はもちろんですがやっぱり若い選手が無邪気に活躍しないと勝ちきれないんですよね。ベテラン勢はみんな真面目だから、すぐ責任を背負っちゃうんだな。

それからジョーンズ。第1戦目は四球を選んでそこからのサヨナラでしたが、今回も9回の先頭打者ホームラン。うーん、素晴らしい。次も9回のジョーンズに期待したいですが、できれば次はもっと早い段階で勝ちを見せて欲しい。

勝利投手が山岡になったのもこれからの希望を感じさせます。山本由伸が期待以上に成長しましたが同期のドラ1は山岡(この年のドラフトはものすごい当たり年)で当初エースは山岡だったんです。今年は特に怪我で活躍できませんでしたが日本シリーズで投げさせてあげたいなと思っていたところ、勝ちまでついたので本当に良かったなと思いました。逆にヒギンズは今年本当によく投げてくれたのでこのシリーズの不調は残念ですがそもそも普通11月末に野球やってないですから、一年を通して調子の波を持ってくるのは難しかったですよね。

第6戦は山本由伸と監督が発表してしまいました。

ヤクルトはどうしてくるんでしょうか。一か八かで7戦目に奥川をスライドさせて宮城と奥川になったらヤクルト・オリックスファン以外は楽しいと思いますが、かなり寿命が縮んじゃいそうです。

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。