また仏の力でミヤギが負けなかった

今日スギモトがデッドボールを受けたのにすぐ一塁にいったのですが、「さすがラオウですね」といわれていました。決して膝など地につかぬってことかなと理解したマイク松ですこんにちは。

さて、種いも球団オリックは今日からロッテ戦。実は首位攻防戦なのです。試合前はいちおうゲーム差なしも2位になっていました。でもオリックはもともと首位とかじゃない球団だったので余裕です。

今日の先発は坊主ミヤギ。ルーキーなのでだいぶ疲れてきたのか、今日も序盤に失点してしまいます。そして今日のオリックは種いもっぽく点が取れない。どんどんチャンスをつぶしていってました。坊主ミヤギはこれまで1敗しかしてなかったのですが、今日はだめかなと思っていました。

ところがジョーンズさんがワクチンの副反応で一時抹消され、かわって広島の二軍から駆けつけてきたオオシタが流れを変えるホームラン。相手のエラーで同点に追いついたあと、またオオシタがサヨナラタイムリーを打って試合を決めました。すごかったです。

これはもう坊主ミヤギを仏の力が支えているとしかいえないでしょう。信心が結果につながっていますね。坊主ミヤギは今日勝てませんでしたが、また勝てるようになる方法は休みとかではないのです。坊主なのです。もともと進んで坊主になったのではないだけに、どうやってミヤギを坊主にするかを考えましょう。

1. かなり偉いお坊さんに剃髪してもらう

たぶん優しいミヤギなので、偉い人が剃髪にきたよということだったら受け入れてくれるでしょう。必要なのは阿闍梨です。阿闍梨さえきてくれれば。冠スポンサーゲームにしたらだいじょうぶですかね。

2. また後輩にミスってもらう

もともと坊主になったのは後輩のうっかりミスを受け入れたからなのです。ここはその後輩にもう1回ミスってもらいましょう。というかバリカンのアタッチメントに細工をしておくのです。もちろん後輩の査定に入れるのを忘れずに。

3. 全員坊主にする

要は全員坊主にすれば、ミヤギも坊主にするでしょう。他の選手も仏の力が手に入るし一石二鳥。ヤマモトとかは許してやってもいいかなと思いましたが、逆にファンがつくかもしれないしやってしまいましょう。

4. 宗教球団になる

聖武天皇レベルで、球団が仏教に帰依すれば、自然にミヤギも坊主になるでしょう。もっといえば、凶世羅ドームが特定の宗派の総本山になればいいのです。種芋教の爆誕です。仏教系の高校大学のパイプもできるし。そろそろドーム内に大仏を作るときですかね。

他球団も強いですからね。南無阿弥陀仏の考えでシーズンを乗り切りましょう!

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です