どこも取らないなら、新庄さんをいただきましょう

ライプチヒ動物園の特集を見ていたら「ホワイトオリックスは絶滅危惧種」と言われ、泣けました、富井です。確かにここにはブラックオリックスしかいません。
今年は本当に野球に無関心でした。それなりに監督交代などでは盛り上がりましたが最近のチームには勝ち方にも負け方にもドラマを感じないんですよね。これはそれなりに長く見ているとそう思ってしまうのかもしれませんし、こういうのをマンネリと呼ぶのかもしれませんね。北川、坂口、後藤光尊、金子、西、佐藤達也、伊藤光・・・その頃が私には一番輝いていた(弱かったけど)ように思います。監督で言うとA-岡田、森脇さんあたりですかね・・・。わりに楽しかったんですよ。鉄オタの木佐貫とか、何故かなんでもやってくれる赤川とかね!晩年の田口を見るのも楽しみでした。
今のオリックに欠けているのは(欠けてないものがあるのかと言いたい方もいらっしゃると思いますが)ロマン。圧倒的にロマン。
そう、今こそオリックに新庄剛志を!!
48歳の新庄剛志を取りたいと思うプロ野球チームがないなら、そこを取りに行くのがオリックの役割だと思いませんか。これ以上弱くなりようがないしレギュラー埋まってるわーというチームでもありません。オリックこそ取るべき選手、それが新庄剛志です。
だって、10年ぶりに野球をして「ボールが止まって見えた」とかいう選手です。ヒットを打つ技術も素晴らしいですが、やっぱり心が強い。こんな風に見ているファンの心に明かりを灯せる選手なんてそうそう居ません。今のオリックに必要なのはこういう選手です。
最晩年の清原だって取ったじゃないですか。そのことでチームが弱くなりましたか?
強くも弱くもなっていません。
新庄さんに断られない限りチームに迎えるべきです。よろしくお願いします!

カテゴリー: 野球 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。