カーリング女子世界選手権2019:日本 vs. フィンランド

自転車を買いにいったマイク松ですこんにちは。夢が広がります。うれしい。
カーリング世界選手権はフィンランド戦。今日は勝ってほしい。

カーリング女子世界選手権、日本 vs. フィンランド。実況は田中さん、解説は両角弟さん。
前日のデンマーク戦はコミュニケーション不足から4回、5点スティールされて惨敗。レビューしてたけどやめました。今日はしっかりコミュニケーションするそう。頼むよ。フィンランドはイモネン、サルシオビルタ、ユハス、カウステ。
第1エンド、ハウスの中のストーンを打ち合って様子見。両チームとも慎重です。日本がドローの時に使っていないラインのところにストーンをおいたら、フィンランドのラストストーンはハウスに残ってしまいました。1点とりました。
フィンランドのコーチはカウステのお兄さん。
第2エンド、コーナーガードをめぐる争いで、最初はフィンランドのストーンがたまっていたが、徐々に日本は2点パターンを作りました。最後はヒットアンドステイで日本が2点とりました。今日は確実に2点とった。
第3エンド。たくさんストーンを入れていい感じで進めていたが、カウステがすばらしいヒットアンドロールでいいところに置きました。日本のラストストーンは微妙に伸びてナンバーワンとれず。フィンランドがいいドローを決めて2点とりました。
第4エンド、フィンランドはハウスの中、日本はコーナーガード。フィンランドはユハスが2つ連続でスルー。やばい。日本はコーナーガードの後ろに2つ隠してきました。カウステのラストストーンもスルー。どうした。日本はドローで3点とりました。
第5エンド、日本はセンターガードに隠してきました。スイープでしっかり伸ばしてばっちり隠したりしています。今日はよさそう。日本はどしどしガードしてきます。しかしダブルテイクアウトを決められて、ブランクエンドになりました。
カウステはヘアドレッサーでメイクアップアーティストでもあるらしい。
第6エンド、センターガードから攻めていく日本。後攻のフィンランドはどうも後手にまわってしまいます。日本はスティールのチャンス。がっちりガードしてフィンランドのラストストーンを待ちます。こういう戦い方ですよね。フィンランドのヒットアンドロールはうまくいかず、日本が1点スティールしました。
第7エンド、日本がセンターガードとその後ろに入れていい形を作りました。フィンランドはタイムアウトで考えます。日本もフィンランドもガードをごちゃごちゃおいてくるし、ハウスの中も混み合ってきた。フィンランドはなんとかドローで形を作ろうとしますが、日本はガードガード。フィンランドはレイズテイクアウトしかなくなりますが、うまくいかず日本が1点スティールしました。
第8エンド、ここから日本はストーンを減らすセーフティな展開。フィンランドはうまくヒットアンドロールで1点。さらに微妙な位置はメジャーしますが、ナンバーツーは日本で、1失点にとどまりました。
第9エンド、フィンランドはセンターガードを置きますが、中嶋がダブルテイクアウトに成功。周辺にストーンを置いて、フィンランドのラストストーンは伸びすぎました。日本がばっちりドローして3点とりました。ここでフィンランドがコンシード、日本 10-4 フィンランド。
やっぱりしょんぼりしてコミュニケーションがなくなると勝てる試合も勝てないですよね。切り替えが早いのも若いチームだからこそか。今回は強い中電という感じでした。

カテゴリー: ウインタースポーツ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です