フィギュアスケートグランプリシリーズ2017 ファイナル(2):女子シングルSP・FS

大谷翔平はエンゼルスになりましたが、オリックスの平野も結構人気らしいですね。どこになるのか楽しみな富井です。さて、女子は解説はグランプリシリーズ解説初登場(全部見てないので自信ない)荒川静香さん、実況はしみずさん。
宮原知子。映画「SAYURI」より。3Lz+3Tは成功。フライングキャメルスピンはポジションがきれい。足換えのコンビネーションスピンもスピードがあります。ステップからの3Loも成功。ステップシークエンスはリズムを上手く取ったステップですね。良く滑っています。後半はメロディーに乗って滑るのも技ありという感じ。2AもOK。レイバックスピンの回転も速い。素晴らしいスピン。最後まで流れが途切れません、隙が無い。でも・・・優勝するにはやっぱりちょっとジャンプに迫力が足りないかな。74.61
樋口新葉。「ドン・キホーテ」力強い滑り。2Aは迫力があります。フライングキャメルスピンもOK。足換えのコンビネーションスピンもシットポジションが良いですね。スピードのあるスケーティングからの3Lz+3Tも高さがあります。3Fも高い。ステップシークエンスあんまり難しくないけど上半身の動きで盛り上げます。でもスピードがあって良い。レイバックスピンも回転速度が素晴らしい。おお、良い演技でした。ノーミス!73.26
ロシアのマリア・ソツコワ。「白鳥の湖」大きなスケーティング。3Lz+3Tは身長もあるけど大きいジャンプ。足換えのコンビネーションスピンもポジションの変更が素晴らしい。ステップからの3Fも幅がある素晴らしいジャンプ。2Aも片手上げ。余裕があります。フライングキャメルスピンも安定してます。ステップシークエンスも優雅。レイバックスピンもビールマンのポジションが美しい。ノーミス。74.00
イタリアのカロリーナ・コストナー。「行かないで」3T+2Tは3-3になりませんでしたが、ステップからの3Loも素晴らしい。フライングキャメルスピンもいいですね。加速の仕方がすごい。2Aも幅のある美しいジャンプ。レイバックスピンも優雅。ステップシークエンスも美しい軌跡の連続です。オリジナリティのある足換えのコンビネーションスピン。ドラマチック。ノーミスとはいきませんでしたが、2Aの入り方と跳んだ後とかぞくぞくします。72.82
カナダのケイトリン・オズモンド。「パリの空の下」ほか。3F+3Tは高さがあります。3Lzも余裕があります。フライングキャメルスピンもポジションが良いですね。2Aも幅が素晴らしい。レイバックスピンも回転が速い。ステップシークエンスも素晴らしいとしか言えない。語彙が無くて済みません。足換えのコンビネーションスピンもポジション変化が素晴らしい。華やか。77.04
ロシアのアリーナ・ザギトワ。「ブラックスワン」フライングキャメルスピンもまた一段と速い。ポジション変化も素早い。ステップシークエンスも緊張感が素晴らしい。3Lz+3Loは成功。すごいな。3Fはステップアウト。2Aも美しい。レイバックスピンも高速。足換えのコンビネーションスピンも回転が速い。うぇーい。すげぇー。76.27
○SPを終えての順位(名古屋のグルメにちなんで)
1.オズモンド味噌カツ
2.ザギトワ手羽先唐揚げ
3.宮原天むす
4.ソツコワあんかけスパゲッティ
5.樋口鉄板ナポリタン
6.コストナーひつまぶし
―――
FS
イタリアのカロリーナ・コストナー。「牧神の午後への前奏曲」3F+2Tは優雅。3Fも美しいジャンプ。3Loも素晴らしい。キャメルスピンのあと、コンビネーションスピン。スピードを増して3Tも幅のある美しいジャンプ。2A+1Lo+2Sとサルコウが3回転になりませんでしたが次の2AはOK。3S+2Tはややバランスを崩しましたがセカンドジャンプをつけました。ステップシークエンスもエッジワークが素晴らしい。水が高いところから低いところへ流れるようなスケーティング。足換えのコンビネーションスピンもポジションが面白い。最後のポーズまでうっとり。214.65
ロシアのマリア・ソツコワ。ドビュッシー「月の光」3Lz+3Tは大きく迫力のあるジャンプ。3Fも幅がある美しいジャンプ。レイバックスピンの回転もきれい。ステップシークエンスはコストナーの後だとちょっと重そうに見えます。でもツイズルは速い。3Loはややバランスを崩し気味。3F+1Lo+3Sも素晴らしいジャンプ。3Lzも飛距離がすごい。コレオシークエンスのスパイラルも良い。2A+2Tも余裕。2Aも難なく。フライングキャメルスピンも良いポジション。コンビネーションスピンは回転が速い。ほぼノーミス。すごい。216.28
樋口新葉。「スカイフォール」2Aは幅のあるジャンプ。3Lz+3Tも成功。コンビネーションスピンもいい。続くコレオシークエンスのイーグルもかっこいい。2Sになってしまいましたが続いても2Lzとちょっと慎重になりすぎています。3LoはOK。2A+3Tは予定にないセカンドジャンプをつけました。3F+2T+2Tも高さがあります。キャメルスピンはちょっと短いかな。ステップシークエンスも全身を使ってていいのですが、もう少しスピードがあればもっとステキなんだけどな。レイバックスピンもフリーの腕が美しい。失敗はありましたが見る度に成長しているなと思います。去年はここまでの選手になると思ってませんでした。202.11
カナダのケイトリン・オズモンド。「ブラックスワン」3F+3Tは目の覚めるようなジャンプ。2A+3Tも幅のあるジャンプ。3Lzも高さがある。コンビネーションスピンもポジションチェンジが速い。レイバックスピンの回転も素晴らしい。2Loになってしまいましたが3Fは完璧。しかし3Sは転倒。2A+2T+2LoはOK。ステップシークエンスは音楽に良くあっています。コレオシークエンスから足換えのコンビネーションスピンは美しい。うーん、転倒が痛かった。でも前よりブラックスワンがしっくりきました。でも、やっぱり椿姫を推したい。215.16
ロシアのアリーナ・ザギトワ。「ドン・キホーテ」コレオシークエンスから。素晴らしいスパイラルとイナバウアー。フライングキャメルスピンも美しい。ステップシークエンスもとてもバレエっぽい。ロシアの底力を感じるな。3Lz+3Loも完璧ですね。2A+3Tはオーバーターン。3F+2T+2Loもすごい。レイバックスピンも回転が速い。3Lzはビッグジャンプでしたがステップアウト。3Sは成功。3Fも見事。2Aも良いジャンプ。コンビネーションスピンもポジションチェンジが多彩。パッと止まるのがかっこいいですね。ちょこちょこミスはありましたが素晴らしかったな。何でこんなハードなことができるんだろうか。223.30
宮原知子。「蝶々夫人」スピードが素晴らしい。3Loも良いジャンプ。3Lz+3Tはやや着氷が乱れましたがOK。3Fも成功。キャメルスピンも美しい。足換えのコンビネーションスピンも逆回転が入って華やか。ステップシークエンスもスピードがあります。3Lz+2T+2Loも流れが良い。2A+3Tも幅があります。3Sもジャンプの前が難しい。素晴らしいスパイラル。2Aも成功。レイバックスピンは回転が速い。素晴らしい。213.49。2位から5位までは3点差!惜しかった。素晴らしかった。
○最終順位(名古屋のグルメにちなんで)
1.ザギトワ手羽先唐揚げ
2.ソツコワあんかけスパゲッティ
3.オズモンド味噌カツ
4.コストナーひつまぶし
5.宮原天むす
6.樋口鉄板ナポリタン
1位のザギトワはフリーのプログラム構成が鬼だから、SPで失敗しなかったら余裕の1位ですよね。納得。2位のソツコワはジャンプが素晴らしい。スピードもあるし癖のないスケーティングって点が伸びますよね。
3位のオズモンドは少々ミスがあっても成功したジャンプが凄すぎる。あの広い背中が高くて遠くに跳ぶジャンプを生むのだな。4位のコストナーはこれぞフィギュアスケート。ジャンプより滑ることに一番価値があるんですよね。無駄な力の入らないスケーティングから幅のあるジャンプ。もう素晴らしいとしか言えない。分からないヤツは分からなくて結構(つい、私の中の落合博満が出てしまう)。
5位の宮原、6位の樋口は表彰台には上がれなかったけど、どちらも成長していたし、まだまだやれるなと思いました。これで全日本選手権に全てがかかりますね。男子は羽生、宇野は決まりであと一人だけど、女子は誰が勝ってもおかしくない。面白くなってきた。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。