フィギュアスケートグランプリシリーズ2016 カナダ大会(4):男子シングルFS

広島カープの優勝パレードに30万人と聞いて多いなあと思っていたら、カブスの優勝パレードは500万人だそうですね・・・。多過ぎでしょう。どうやって数えたのか不思議だなと思う富井です。さて、男子フリーです。実況は進藤さん、解説は織田信成将軍。
カナダのリアム・フィルス。24歳。「Love reign over me」。4Tは着氷が乱れました。3Aは転倒。うーん、今日は調子が悪いのかな。3Fは成功しました。これから。フライングアップライトスピンは回転が速い。ステップも素敵です。3F+1Lo+3Sは見事に決まりました。3LoもOK。3Lz+2Tはややバランスを崩しましたが何とか。2A+3Tもステップオーバーでしたが、3Lzは着氷しました。コレオシークエンスからのコンビネーションスピンは少し疲れてしまったのかフィルスにしてはもう一つかな。210.89
アメリカのロス・マイナー。25歳。「クイーン・メドレー」。2Sになってしまいましたが、4Sに挑戦の予定でした。3A+2Tも3Tの予定ではなかったかな。3Lzは転倒。うーん、今日のロス・マイナーも調子が悪い。ステップもいつものスピードがないよ。でもS字のイーグルからのフライングシットスピンはさすがマイナー。3Aはバランスを崩しましたが何とか持ちこたえました。3LoはOK。コンビネーションスピンはいいですね。3Lz+1Lo+2Sはバランスが悪いけど大丈夫。3FはOK。皆殺しイーグルの後に2A。ああ、ここもっと盛り上がるのに。コンビネーションスピンの後笑顔を見せたマイナー。調子が悪いのにそういうとこ、ちゃんとしている。196.53
アメリカのグラント・ホッホスタイン。26歳。ここで衝撃のニュース。キャロライン・ジャンと婚約したそうです!そうだったのか!まだ私の中ではキャロライン・ジャンって、高校生ぐらいの印象なんですけど。まあ、それはさておき、ホッホ。オペラ「道化師」より。婚約したのに何と縁起の悪いプログラム(道化師は奥さんに浮気をされる話)!4Tは成功しましたが、次のジャンプが1A+2Tになってしまいました。3Tは四回転の予定では。でもドラマチックなステップは婚約パワーか。コンビネーションスピンも美しい。3A、今度は成功。3Lzは3連続の予定を単独に。フライングシットスピンをはさんで3FはOK。3Loも単独にしましたね。3Lz+2Tとここがコンビネーションジャンプ。コレオシークエンスの途中で転倒。ああ、もたいない。でもコンビネーションスピンはちゃんとできました。よかった。失敗続きだったけど、おどけてみせるホッホ。いい旦那さんになりそう。204.69
ウズベキスタンのミーシャ・ジー。25歳。「くるみ割り人形」。3Aは何とか着氷。4Tはピッと立ちました。3F+1Lo+3SもOK。キャメルスピンは両回転。もう少しスピードが欲しい。ポジションが美しいですね。この年の男子でくるみ割り人形しようと思うのがすごい。また、様になってるのがすごい。ステップもいいんだけど、もう少しスピードがあればもっと映えるのにな。シットスピンは玉子みたいで美しい。3Lz+3Tのあわてて手を伸ばす感じがかわいい。3Lzは良いジャンプですね。3Lo+2Tは止まりそうだったけど何とかコンビネーションに。3FはOK。2Aも成功。ここからほっとしたのかぐんぐんスピードを増します。コレオシークエンスは溌剌としていていいですね。そこから力強いコンビネーションスピン。回転速度も素晴らしくて盛り上がります。最後のポーズもバレエダンサーみたいに美しい。よかった。会場もスタンディングオベーション。挨拶もバレエのように優雅。スピード、スピードと言ってしまいましたが、すごくよかったです。手堅くまとめました。お見事!!ジー、最高!226.07
チェコのミハル・ブレジナ。26歳。「Once upon a time in America」。あれ、これ前滑ってなかった?入り方がいい雰囲気。4Sはちょっと前に突っ込んでいたけど成功。3Aはきれいです。3F+1Lo+3Sはバランスが悪かったけどなんとか成功。ステップは独創的でかっこいい。イーグルも男らしいですね。衣装もよく似合ってて足のラインが美しい。フライングコンビネーションスピンも素敵だ。3A+2Tも高いですね。コレオシークエンスも独特ですね。3Loも成功。フライングシットスピンの回転も良い。3Fも入り方に工夫が。3LzもOK。2A+2Tも成功。転ばないブレジナ久しぶり。ただコンビネーションスピンが音楽と合わなかったのが残念。いやー、すごい良いプログラム。振り付けはトム・ディクソンだそうです。さすが。トム・ディクソンの振り付け大好き。それからコーチがラファエル・アルトゥニアンなんですね。前に突っ込む癖を修正できたんだなあ。さすが。今年は欧州選手権で優勝してもおかしくない!227.42。
ロシアのアレクサンドル・ペトロフ。17歳。フランク・シナトラ「シカゴ」他。若いのきました!17歳。3A+2Tは高さがあります。3Aは得意なんですね。2つめもすごい高さ。3Lz+2Tは両手を上げて。フライングキャメルスピンはちょっとゆっくり。ステップは軽やかでベテランの味わい。ところどころ小粋なポーズ。若いのに・・・。3Lzはなんとか回りきった感じ。3F+1Lo+3Sも味がある。この人、腕のつかい方が上手。3Tは美しかったけど4回転の予定だったのかな。3LoもOK。シットスピンはまあまあ。コレオシークエンスも余裕。そこからすぐ2Aも高いなあ。コンビネーションスピンももうちょっと難しいポジションが欲しいかな。直前に滑った二人が濃い味プログラムだったからインパクトは弱かったけど地上波で飛ばすのはもったいないくらいいいできでした。ちなみにこのオシャレプログラムを作ったのは・・・え、ミーシャ・ジーなの?まじで??今までと雰囲気違うと思った。ペトロフの進化に期待。今年の欧州、見応えありそう。224.39。
中国のハン・ヤン。20歳。この人茶髪!映画「ロミオ+ジュリエット」より。その青い衣装どうだろうか。3Aはすごいスピードと高さだったんだけど着氷が乱れてしまいました。4T+2Tは最初のジャンプが大きい。今日はよさそう。と思ったら4Tで転倒。高さはすごいんだけどな。フライングキャメルスピンはまずまず。3Aも飛距離抜群なんですがステップアウト。3Loはなんとかこらえました。3Lzもステップアウト。2Sになってしまったのは疲れてしまいましたかね。3Fは成功。シットスピン、コンビネーションスピンと続けて最後ステップで締める構成。ステップも上手なんですよね。全てのジャンプが着氷できたらすごい高得点が出そう。はやく怪我を治して。209.11
羽生結弦。21歳。久しぶりのひらひら衣装。「Hope&Legacy」4Loは膝をついての転倒。4Sは着氷も美しい。コンビネーションスピンはビールマンポジションまで。止まったり滑ったり自由自在なステップ。3Fも見事。2S+3Tになってしまいましたが、その後4Tはこらえました。3A+2Tは2つめで両手を上げて美しい。3A+1Lo+3Sも成功。シットスピンもいい回転。ハイドロブレ―ディングで観客から歓声。イナバウアーから3Lzの流れがいいですね。そしてコンビネーションスピンも最後バランスを崩しましたが魅せますね。不完全なのに何か見入ってしまいました。また、氷の上がすごいことになってます。フラワーガールが足りない。今後は羽生結弦専用フラワーガールを投入すべき。263.06
イスラエルのダニエル・サモヒン。18歳。「The Illusionist」最初の4Tは転倒しましたが、4Sは成功しました。コンビネーションスピンは回転が速い。3Aは少々回転不足。ブライングコンビネーションスピンもOK。コレオシークエンスも音楽に良く合ってますね。3A+1Lo+3SもOK。4T+2Tは成功。おお、ここで跳ぶんだ。シットスピンもOK。3Lz、3Lo、2Aと成功させて軽快なステップ。ん?最後にアクセル跳んだのかな?ステップの間に不思議なジャンプがまざっていたような。226.53。
カナダのケビン・レイノルズ。26歳。SPは良かったですね!映画「グランドピアノ 狙われた黒鍵」より。4Sはやや着氷が乱れましたが成功。4T+3TもOK。4Sは転倒してしまいましたが、すぐに立ち上がってます。音楽と良くあったキャメルスピン。長い足が美しいです。ステップは丁寧だけどやっぱりもっとスピードが欲しい。4Tは高さも合って良いジャンプですね。3Aもきれい。3Lz+2Tも成功。3F+2LoもOK。フライングコンビネーションスピンは回転が速い。3Sは軽く跳びますね。コレオシークエンスは音楽の盛り上がりとあっていい。最後のコンビネーションスピンも回転が早くて素晴らしい。前よりジャンプの高さが増しましたね。織田信成将軍からは以前より膝が上手く使えるようになっているとの指摘。すごい、膝の柔らかさといえば織田信成将軍。その将軍から褒められるなんてすごいことだ。顔がアップになるとそれなりに年を重ねたんだなあという感じ。ちょっとおっさん入ってきたケビンもいいね。245.06
カナダのパトリック・チャン。25歳。あれ?トレーニング着でやるつもりなのかな?と一見思われますが、ラメは入っています。誰か言わないんですか!もうちょっとちゃんとした衣装着せて。「A Journey」エリック・ラドフォード作曲。すごいスピードから4T+3T。すごいね、完璧。これ以上のジャンプはない!その後の3Aも成功。また大きいジャンプですね。4Sは転倒。キャメルスピンの回転も美しいですね。見事なスケーティング。3Tは4回転の予定なのかな。3A+2Tは途中で手をついてしまいました。3Loは成功。2Lz+2T+2Loは予定は3回転。続くジャンプも2F。シットスピンは素晴らしいね。ステップは見栄えするものではないけどすごい技術。コンビネーションスピンも素晴らしい。266.95
無良崇人。25歳。なんと、最終滑走。ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」。4Tは手を突いてしまいましたね。続くジャンプも4Tの単独になりましたが、着氷しました。大きな3Aは成功。ステップも情熱的。キャメルスピンはもう少しポジションが美しいといいな。4Sは両手を着いてしまいました。3A+2Tはステップアウト。3LoはOK。ちょっと疲れたように見えるけど、がんばって。シットスピンの後3Fは成功しましたが、3Lzも手を着いてしまいました。コレオシークエンスは一番良いところだからがんばってます。コンビネーションスピンもちょっとよれよれですが、最後曲の終わりにあわせました。やっぱり最後は緊張しますよね。222.13
○最終結果(野球的に)
1 パトリック・チャン一塁手
2 羽生結弦二塁手
3 ケビン・レイノルズ遊撃手
4 ミハル・ブレジナ三塁手
5 ダニエル・サモヒン捕手
6 ミーシャ・ジー投手
1位はパトちゃん。衣装以外は最高・・・。いや、オリジナルの曲もちょっとどうかと思います。勝つためには4Sも必要なんでしょうけど、もっとパトちゃんの良さを生かしたプログラムにすべきではないでしょうか。パトちゃんはローリー・ニコルだと思うんですよ。あの頃の狂ったようなスピードのステップがまたみたいです、ファンとしては。2位の羽生結弦は怪我の影響もあったし、去年も初戦はこんな感じだったしで今後に期待ですね。フリーはやや印象が弱いと思いますが(去年の陰陽師が強烈すぎた)ジャンプが全部決まったらすごいプログラムになるんでしょうな。
そして!3位がケビン・レイノルズですよ。引退するのかなと思いきや、大復活。膝のつかい方が上手くなってステップもジャンプも良くなってるんでしょうか。これからが全盛期なのかも。パトちゃんを倒して優勝は難しいと思いますので、一年でも長く現役を続けてカナダチャンピオンになって欲しい。マッチ棒おじさんと呼ばれる日まで!
そして4位も大復活のブレジナ。ブレジナが転倒しない日が来るなんて来るとは思わずにいた~♪(オリビアを聞きながら)。もっとやれるわ。あなたなら。今年のブレジナには大いに期待したいです。そして5位が去年のジュニアチャンピオンのサモヒン。25歳前後の選手ばっかりだなと思ってたところの18歳ですよ。でも、武器のジャンプがもう一つ決まりませんでしたね。それでもこの成績は立派。
6位のミーシャ・ジーも順位的には驚くほどじゃないですけど、SPの大失敗からのFSの挽回は素晴らしい。くるみ割り人形が10代の女の子のものじゃないと分かったのも収穫でした。点数より客席のスタンディングオベーションが熱かった。点数にならない素晴らしさってありますよね。むしろそれが見たくてフィギュアスケート見てるのですから。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です