フィギュアスケートグランプリシリーズエントリーチェック(3):女子シングル

権藤さんの日経の記事にカアプの強さはピッチャーの投球にQSを意識して1点くらいええわいという余裕があるからだとありました。クロダの影響はあると思うのですが、こないだの週刊ベースボールでもイシハラのリードはそんな感じという記事があったので符合しますね。そう考えると今ベテランキャッチャーがスタメンって意外にいないんだなと思ったマイク松ですこんにちは。
こんな導入ですが、記事はフィギュアスケート。GPSのエントリーチェック、今日は女子シングルです。
<アメリカ大会>
スケートアメリカは、ガブリエラ・デールマン、ロベルタ・ロッテギエーロ、浅田真央、三原舞、村上佳菜子、アンジェリーナ・クフワルスカ、パク・ソヨン、ユリア・リプニツカヤ、セラフィマ・サハノヴィッチ、グレイシー・ゴールド、アシュリー・ワグナー、アメリカの誰か。
いきなり浅田登場。すごい。とはいえゴールドとワグナーは地元でしっかり優勝を狙いたいと思うので、いい戦いになりそうですね。調整的には浅田の方が進んでそうなのでチャンスはありそう。リプニツカヤ元帥もまだアメリカに拠点あるんでしょうか。となればいい状態で参戦できそうですね。
そしてラトビアのクフワルスカの状態がとても気になる。伸び盛りの選手、どれだけ成長してきているかが楽しみです。
<カナダ大会>
スケートカナダは、アレイン・チャートランド、ケイトリン・オズモンド、カナダの誰か、本郷理華、宮原知子、永井優香、チェ・ダビン、マリア・アルテミエワ、エフゲーニャ・メドベジェワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ヨシ・ヘルゲソン、ミライ・ナガス。
せっかくのカナダ大会ですが、まだチャートランドやオズモンドはトップを争う状態にはならなさそう。あせらずゆっくり地力をつけましょう。たとえベストの状態でも、メドベデワとトゥクタミシェワに、宮原と本郷が参戦してきているとなればちょっときつそう。むしろみどころは宮原や本郷がロシア2強に割って入れるかというところになるでしょうね。
永井も自分の力を遠慮なくぶつけられそう。そしてアルテミエワがどれだけ成長しているかをチェックできるのもいいですね。
<ロシア大会>
ロステレコム・カップは、李子君、ロベルタ・ロッテギエーロ、松田悠良、村上佳菜子、エリザベート・トゥルシンバエワ、アンジェリーナ・クフワルスカ、ユリア・リプニツカヤ、アンナ・ポゴリラヤ、エレーナ・ラジオノワ、ニコル・ラジコワ、ポリーナ・エドモンズ、コートニー・ヒックス。
もうロシア&ロシア系の選手で枠がぎゅうぎゅうになってるじゃないですか。すごいな。ラジオノワとポゴリラヤを軸に優勝が争われそうですが、僕はもちろんリプニツカヤ元帥をしっかり見守りたいと思います。がんばれ元帥。
そんな優勝争いとは別に、ロッテギエーロ、トゥルシンバエワ、クフワルスカといった伸び盛りの選手がそろって参戦しているのもみどころ。松田とあわせてしっかりチェックしておきたいですね。エドモンズとヒックスは空気読まずに優勝争いにからみましょう。李子君はあまり無理しないように。
<フランス大会>
エリック・ボンパール・トロフィーは、ガブリエラ・デールマン、ロリーヌ・ルカヴァリエ、マエ=ベレニス・メイテ、浅田真央、樋口新葉、永井優香、パク・ソヨン、アレーナ・レオノワ、エフゲーニャ・メドベジェワ、マリア・ソツコワ、グレイシー・ゴールド、タイラー・ピアース
フランスはがんばってるとしても優勝争いは浅田、メドベデワ、ゴールドで争われることになりそうですね。わりとライバル少なめだしポイントとっておきたいですね。レオノワもいいところに飛び込んできた。空気読まずにがんばろう。ソツコワがどれくらいがんばれるかをチェックしておいて。
<中国大会>
カップ・オブ・チャイナは、ケイトリン・オズモンド、趙子セン、中国の誰か、本郷理華、三原舞、エレーナ・ラジオノワ、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ヨシ・ヘルゲソン、カレン・チェン、コートニー・ヒックス、アシュリー・ワグナー
なるほどー。ラジオノワとトゥクタミシェワの争いに本郷とワグナーがからんでいく展開か。そんなに競争が激しくはないので、なるべく上位に入っていきたいところ。ポイントのとりどころですね。
<NHK杯>
アレイン・チャートランド、樋口新葉、松田悠良、宮原知子、エリザベート・トゥルシンバエワ、アレーナ・レオノワ、アンナ・ポゴリラヤ、マリア・ソツコワ、ニコール・ラジコワ、カレン・チェン、ポリーナ・エドモンズ、ミライ・ナガス。
NHK杯は宮原はじめ、日本勢はフレッシュなメンバーで迎え撃つことになりますね。宮原はホームで優勝しておきたいところだとは思いますが、カナダ大会よりはまだ楽かもしれません。1位とっておきたい。トゥルシンバエワ、ソツコワ、ラジコワといった面々を日本でみられるのはいいことです。成長具合に注目。
わりと混戦になりそうな予感。1つでも上にいきたいところですね。

カテゴリー: フィギュアスケート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。