NFL2014 week3 BAL@CLE

ベルトの穴を開ける皮ポンチって工具がありますけど、それを買いに行くウォーキングをしてきたマイク松ですこんにちは。買ってきました。これでベルトに穴を開けるのだ。
今日はNFL、BAL@CLE。CLE強くなってるといううわさがありますけどほんとでしょうか。うそちゃうかな。

week3, BAL@CLE。実況は杉岡さん、解説は生沢さん。
BALオフェンス。右サイドのピタにパスを通していきます。CLEのディフェンスもがんばってますが、フラッコがうまく逃げてスミスにパスを通しレッドゾーン。しかしそこからは止められてFGに。
CLEオフェンス。ルーキーRBウェストがいい走りしてます。ホーキンスへのパスも通る。オースティンへのパスで1stダウン。CLEオフェンスいいじゃないですか。反則で下がるもTEキャメロンにパスを通しました。そしてベンジャミンへのパスで一気に1st&goal。最後はウェストがダイブしてTD!いいオフェンスでした。
BALオフェンス。うまくパスが通らず3&out。
CLEオフェンス。ランに加えてガブリエルへのクイックスクリーンでゲイン。しかし反則でもりもり下がってしまいます。2つのパスでいい感じでゲインしますが及ばずパント。
BALオフェンス。タリアフェッロが一気に抜けてロングゲイン。次もゲインしてます。フォーセットも1stダウンとってます。ラン主体に攻めるドライブ。ランランで攻めて最後はFBユーズチェックにパスでワイドオープンでした。TD!
CLEオフェンス。パスに加えてルーキーRBクローウェルのランで前進。あ、マンジールが出てきました。そしてサイドラインで話を聞いているとみせかけてマンジールがレシーブするというスペシャルプレーが出ました。しかし反則でノープレイ。惜しい。しっかり守られてパント。
BALオフェンス。ピタが負傷してカートで下がりました。これは痛い。しかしスミスへのパスで前進。中央付近でフラッコがサックされて1stダウンならず。59ydsFGをタッカーが狙いますが、オフサイド狙いでした。このまま前半終了、BAL 10-7 CLE。
どうもさっきのマンジールのプレーは審判をあざむくプレーと思われてるらしい。ちょっと小賢しすぎましたかね。
後半、CLEオフェンス。しっかりパスを投げて1stダウン。ホイヤーいいですね。そしてクローウェルのランがしっかり出た。サイドライン際へのパスとウェストのランでしっかりゲインできてます。モズリーのアンネセサリーラフネスでさらに前進。レッドゾーンに入りました。そしてクローウェルのランで一気にTD!CLE逆転しました!
BALオフェンス。またユーズチェックへのスクリーンパスが決まりました。もうTE的に使われてるみたい。フォーセットのピッチからのランで大きく進んで、最後はタリアフェッロがダイブしてTD!パワーでもっていきました。BALのオフェンスをなんとかしないとCLEも勝てないですね。
CLEオフェンス。ホーキンスにロングパスが通りました。クローウェルのランアフターキャッチもナイス。ホーキンスはとても動きがいいですね。そしてウェストのラン。1st&goalになりました。そこからオースティンにパスが通ってTD!ホイヤーすごいですね!こんなにCLEが強いなんて夢みたい。
BALオフェンス。最初にがっつりロスタックル。フラッコが高いパスを投げてしまい、ギプソンがINT!これはでかい!パスラッシュが効きましたね!
CLEオフェンス。最初のプレーでロスしてしまい進めず。カンディフが50ydsFGに挑みますが、はずれてしまいました…。決めたかった…。
BALオフェンス。スティーブ・スミスにロングパスが通って一気に相手陣。流れを変えることをよくわかっていると生沢さん。3rd&1でスニークを止められて、4th&inchesでギャンブルしますが、ここはがっちり止めました!流れを相手に渡しません。守った!
CLEオフェンス。ガブリエルにロングパスが通りますが、キャッチで転倒してしまってTDまではいけず。ワイドオープンでした。一気に1st&Goal!しかしそこからはミスミスで、TDパスを決めたかと思ったらスクリメージを越えてました。今度こそFGと思ったら今度はFGブロックがあって決められず。まじか…。
BALオフェンス。フォーセットのランで前進。ディフェンスもどんどん反則して援護。これはあかんと思いましたが、ここからなんとか止めて、FGにしました。1点差でCLEリード。
CLEオフェンス。あっさり3&out。あーあ。
BALオフェンス。フラッコのランなどで前進。ブライアントのロスタックルが出ました。そのあとはパスが通らず。ここでパントを選択します。いいパントになりました。
CLEオフェンスは残り2:19。ランで時間を使い、BALがタイムアウトで時計を止めます。3rdダウンでパスも通らずパント。
BALオフェンスは残り2分弱。スティーブ・スミスがすばらしいキャッチでFGレンジに入りました。あーあ。丁寧にお膳立てして、タッカーが32ydsFGを決めて試合終了。BAL 23-21 CLE。

CLEは勝つチャンスがたくさんあったのに、全部、すべて、きれいに逃して逆転を許してしまいました。
オフェンスはよかった。ホイヤーもいいプレーしてたし。ランも出るし、パスも通るし。ディフェンスもよく止めてた。まずまずがんばってた。でもやっぱりFG2つを決められなかったのが大きいですかねー。
BALはやっぱり勝ち方をよくわかってる。ミスがあってもしっかりプレーして逆転につなげてました。CLEはやっぱり勝ち方をわかってない。負け癖だ。
でも勝ってほしかった。そしてこの調子ならまた勝つチャンスはありそうです。がんばれ。

カテゴリー: NFL パーマリンク

NFL2014 week3 BAL@CLE への2件のフィードバック

  1. YM5 のコメント:

    戦術に興味を持つようになってからはOCの出すコールの特色に注目していますが、やはりシャナハン一門の兄弟弟子だけあってどちらもランが出る!(カイルはグルーデン兄→クービアック→シャナハン父の順に仕えていますが、クービアックもシャナハンの弟子としてHCになった人物だからカイルもシャナハン一門でいいでしょう)
    失礼ながらCLEのあの面子でまともに攻撃出来ているのは天才OCカイルの功績でしょう。RG3もケガをするまでは完全にカイルのオフェンスにフィットしていたし、RG3のためにこれでもかと神経を使っていたシャナハン親子の指示に逆らって出来ない事をやろうとしたRG3がどうなったかは見ての通りだし、マクナブ獲得という大失敗や事実上のGMとしてコーチ人事を全て自分で決めるとか確かにやりすぎなところはあったけどシャナハン親子って凄かったんだなと敵ながら恐れ入りました。
    と、賛辞はここまで。
    CLEは選手全員が勝つために一生懸命頑張っていて本当に好感が持てる。
    でも、カンディフのFG失敗とかホイヤーの明らかにスクリメージラインを出てから投げたTDパスとか、勝負どころで面白がってやってるとしか思えない有り得ないミスを連発するとかお前らはいるかか?(要するにマイク松さんの言う通り負け癖ですね。だからシンパシーを感じたのだと思います)
    もしもマイアミから仕事でクリーブランドに来ているいるかファンがスポーツバーでこの試合を見ていたら、きっと相席になったCLEファンにお酒の一杯でも奢っていただろうなと思います。
    コーチが天才である事を証明してもそれだけではどうしようもない部分はあるという見本のような試合でしたが、低迷の歴史が続いているだけにCLEには頑張って欲しいですが、先は長そうですね。

  2. マイク松 のコメント:

    YM5さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    OCが優秀なんですね。CLEがんばってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です